電話エッチ
電話でオナニー
 電話エッチは、結婚前に楽しんでしまっていたことがありました。
最近、そのことをよく思い出すようになってしまっています。
34歳で、セックスレスに悩む主婦の私。
あの時のようなドキドキを味わうのも悪くないなって思ってしまっていました。
実際に会わないから危険性もありません。
新型コロナに感染することだってありません。
誰もいない時間、自宅でこっそり楽しめてしまうんです。
以前やったような、とってもエロチックな通話を、人気の出会い系アプリの中で求めてしまおうと思いました。

 女性は無料で利用出来る大きなメリットがあります。
また、ネットは女性上位の世界ともいわれています。
掲示板に投稿することで、男性たちから確実に連絡がやって来ることも理解していました。
激しく期待しながら、出会い系アプリの掲示板にオナ指示希望と投稿することにしました。

 多くの男性からアプローチされるのは、やっぱり気持ちがいいものです。
家庭では求められませんが、アプリの中では話が別です。
電話エッチ希望の男性は沢山います。
ドキドキしながら、メール開封していきました。

 電話エッチ相手として、40代の男性を選びました。
年上の人の方が、まったりと責めてくれる可能性があるからです。
メールの雰囲気も、とても紳士的だったし、安心感を持ってLINE交換することができました。

 久しぶりの電話エッチは、出だしから激しく熱い気持ちを持てました。
見知らぬ男性から卑猥な言葉を投げかけられます。
「パンツを脱いで、下半身裸になって」
「はい・・」
「足を広げて見せるようにして」
「・・は・・い・・」
男性の指示に従うと、もの凄くスケベな気持ちが心の中に広がっていきました。

 時間が経つにつれ、快楽に没頭してしまう私。
1人でする時よりも、はるかに激しく興奮してしまっていました。
男性に言われ、バイブを挿入して卑猥な声を出して、腰を浮かして快楽を噛みしめてしまっていました。
「あん、いいっ・・・っはぁ・・ああん」
自分の出す淫らな声で、さらに強くエロチックな気持ちを味わいつづけた感じです。

 久しぶりの電話エッチは、とてつもなく熱いものでした。
上手な男性にリードされ、何度もアクメを感じてしまいました。
電話エッチ掲示板
ボイフルのアプリ
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -