番外
透明。それに色なんてない 強いふりして、可愛いふりして、怖いふりして 2年4組。涙田 麻衣 
やっぱ、違うよ。こういうの。やりたいことはやりたい。言いたいことは言いたい。恋もしたい。 1年4組 長瀬 景子
それだけ。何もない。 窓から見える景色も全て背景だ。 それは僕の視界を蝕んでいく 鳥が鳴いているのに、つまらない怒号が今日も 鼓膜を叩く そんなものだ 絵に潜む怪物はまだ姿を見せない。 今日も、今日ですら、 別に僕になにかある訳じゃないけど、尻尾ぐらい見せてもいいんじゃないかと、 思えるほど伊達に絵を描いていない 1年1組 間 寛太
春。もうこれ以上生きられない。 私は使われない教室で一人でいた。 2年4組 千葉 優香
私には何もないすがっていては溺れるだけ。 それが嵐を呼び雨を降らせる道だとしても 机上に座すは、無垢な白。 私はそこに鉛を押し当て、謎を解く。 1年2組 的場 葵
赤い糸は裂けないの。 運命って信じる? 君はどう思うかな?一目惚れ。「リナリア」って 1年2組 加藤 真冬
雨が振り続けてる。 僕だけはこの体温を失わない。 失ってたまるか 3年3組 日野 陽一郎
夏が始まる。 3年3組 赤城 啓介  何一つ救えなかった少年。
エゴだと言われたらそこでおしまいだ。 行きつくとこまで行って、 笑えないところまで落ちて、 君がいるのが今の場所で  春は終わった。 時間は巻きもどれないって本当らしい。 夏が始まる。 君は半袖が嫌いだ。 もう、多くは語らない 桜咲かんな 3 年前(編集済み) 最後の所の文です。 偽りの自分も、何の意味もない絵も 私たちは制服の裏表に隠した。 死にたくなるような夜も、 焦がれるような片思いも ずっと隠して生きてきた。 決められた答えを出すことも、立ち止まらない勇気だって 自分らしさを探すのも、守れなかった痛みだって まるで広い海の真ん中にいるみたいに 悩んでる。抱えてる。 僕らは、 群青に溺れる。
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -