電車内でかっこいいおじさまに痴漢されたエピソード


20歳くらいの時の話です。

通勤に電車を使っていたんですが、その日たまたま帰るのが早く、学生や仕事帰りの人たちのラッシュに当たってしまいました。

来た電車に乗るとぎゅうぎゅうで身動き取れず、壁際に押され、逃げ出す事が出来ないでいると、お尻を撫でてくる手がありました。

その時は秋でしたが、まだ暑さが残っていて、ミニスカートに薄いブラウスでニーソックスを履いていました。

私は壁と向かい合うように立っていて身動き取れないので、お尻を良いように触られていました。

どんなやつか見てやろうと顔だけ振り替えったら、背が高く、イケメンというよりハンサムなおじさまでした。

何でこんな人が…?と思っているとおじさまは下着に手を入れて、直にお尻を揉み始めました。

彼氏も居なかったので、格好良いし…ちょっとくらいなら良いかなぁ…とされるがままになっていました。

おじさまは抵抗しないからか、お尻だけではなく大事な所にも手を伸ばしてきました。

少し濡れてしまっているからか、すんなりおじさまの指が入ってしまい、オナニーばかりの私の中をそっと掻き回し、クリも同時に弄られて、

「んっ、んっ」

と声を抑えるのに必死になっていました。

気付いたら腰が勝手に揺れて、掻き回してくる指を自分から受け入れていました。

中はくちゅくちゅと音を立てていて、周りに聞こえてないかひやひやしました。

奮が高まってくると、おじさまは指を引き抜きました。

あとちょっとで…と思っていると、指ではない大きなものをお尻に当てられました。

まさか…と振り返ると、おじさまはニヤリと笑い、私の中にずっぽり入ってきたのです。

凄く大きくて一瞬痛みを感じましたが、先程までイきそうだったからか腰を動かされると、きゅうきゅう締め付けているのを感じました。

おじさまは腰をゆっくり動かして奥に奥に入ってきて、少しずつ動きを早くしてきました。

おちんちんが気持ちよくて、もっともっと、と自分でも腰をくねらせていました。

狙ったようにクリをしごかれ、私はあっという間にイってしまいました。

イっている最中に、おじさまの精液を中で受け止めていました。

おじさまはおちんちんを抜いて私の下着を整えて次の駅で降りていってしまいました。

精液が出てくるのを感じて、エッチしちゃうなんて…と思っていると、ブラウスのポケットにアドレスの書いた紙が入っていました。

今はおじさまとちょっと危ないえっちをする仲になっています。

関連記事[小説]清楚で可愛らしい後輩の奥さんとの不倫エッチ体験談
[小説]彼女無し童貞の人生初デリヘル体験談
[小説]わがままな男子生徒に強引にレイプされたJD家庭教師の壮絶エロ体験小説
[小説]遠距離恋愛中の彼女に会いに行く前に会社の女輩とやってしまったエロ体験
[小説]欲求不満なアラフォー主婦が出会い系サイトに足を踏み入れたエロ体験
[小説]清楚で可愛らしい後輩の奥さんとの不倫エッチ体験談
[小説]恋人のフリとして協力した妻が親友とHしてしまったアダルトな体験談を見る
[小説]偶然再会した元同級生の美人を孕ませたエッチ体験談
[小説]SEX無しでは生きられない淫乱おばさんのエッチな体験小説
[小説]30歳の綺麗な愛人との野外露出SEX体験談エピソード

ランキングエロ体験談/エロ小説ランキング

掲示板官能小説/エッチ体験談掲示板

検索エッチ体験談リンク トリプルエックスサーチ

リンク無料アダルト検索 トリプルエックスサーチ



- MOBI-PAGE -