出会い系のFTM
子供の頃からずっとボーイッシュだった私
「わたす、FTMなんだってばよ」
と、出会い系にいたブスが言った。
すごいブスだった。もしブス坂46が結成されたら、10年間は余裕でセンターを確保できるくらいのブスだ。
そんじょそこらのブスには馴れているつもりだった。と言うのも、職場にはブスしかいない。そんな現実があるので、そこまでは高望みしていない。だから、出会い系でも職場のブスよりちょっとだけでもかわいい子が来れば、それは自分にとっては当たりであり、その確率は非常に高かった。そのため、自分はそこまで相手選びは吟味していなかった。だいたいが当たりだからだ。
だが、そんな想像をはるかに上回るブスを引いていしまうとは!おお!神よ!
「男の人は愛せへんけん。男友達出来たらええんやで」
男女が乳繰り合う出会い系のFTMってのも妙な感じなのだが、そういう事だった。友達としての出会いを望んでいるのだ。もっとも、言われるまでもなく抱く気はない。
と言うか、FTMと自称しているが、その内実はきっと異性からは相手にされず、同性相手に走ったのだろうなと思った。モテないことに「FTMだから異性には本気になれない私」と言うのは格好の言い訳だろう。ブス憐れなり。
異性から相手にされないブスが同性には相手にされるのかどうかは甚だ疑問ではある。自分のことに置き換えてみれば、女性にモテないような男性は、おそらく同性にも好かれていない。男性女性関係なく人間的魅力に欠けていると言えるからだ。そう考えると、自分も顧みるところは多い。
さて、それはさておき、このブスをどうしてくれよう?と考えた。適当にあしらって「じゃあバイバイ」で十分だとは思う。だが、真偽はともかく出会い系のFTMと言う珍しい存在を釣れたのだ。もうちょっと付き合ってみてもいいかなと考えた。
そんな自分たちだが、実は今も続いている。ブスでもちゃんとマンコがあってそれなりの反応はしてくれた。そして、なぜかそこからズルズルと付き合っているのだ。
だが、未だに彼女は「わたす、FTM」と言っている。自分のチンコに喘いでおいてFTMはないだろう?と思うが、自称MTFのアタシが言えることではないわね。
相互クンニ
ビアン掲示板
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -