ゴム無
生フェラされて口の中に大量に口内射精をしてしまいました
実家から近所の公園は、ちょっとした野姦スポットになっている。小さな丘の上の方にあって、ベンチに座って眺める夜景がきれいな公園だ。満月の夜なんてムードも満点で、手を握り合ってお月様を一緒に眺めていたら、ムーンマジックで発情してしまうのもわからないでもない。でも、お前ら、家に帰るまで我慢しろよ!と教育的指導をしたくなるくらい野姦カップルが多いのだ。
そして、月がカップルを発情させるように、俺はそんな野姦カップルを覗き見して発情している。彼らは堂々とやっているんだから覗きではないよ?道端でいきなり女の子がパンツおろしておしっこ始める姿を目撃してしまったら、それは犯罪行為になるのか?という話。公園なんて言う公共の場でズコバコやってるんだから、見られても仕方ないだろう。あ、別に写真撮って売ったりしているわけではない。単に俺の月の夜の些細な楽しみだ。
ちなみに、俺くらいの野姦カップル視察マニアになると、公園に入ってきた時点で「あ、この二人はやる」とわかる。だいたいが男がブサイクで女は美人という美女と野獣の組み合わせが多い。もぞもぞしだして、女が男にまたがって着衣のまま器用に接続する。そんな劣情にかられた野姦だから、きっとゴム無だろう。わざわざゴムをつけてやるようなカップルは見たことがない。
ゴム無だからこれで妊娠してしまうカップルもたぶんいるのだろうな、と思う。月光に発情して野姦でできちゃった子供ってのも何か憐れだ。愛し合っているのには変わりないけど、それでもやっぱりそんなところでゴム無でやるセックスなんて、ウミガメのような動物的本能による交尾行為でしかないもの。
そして、今日も野姦ウォッチングに満足して、そんなことを考えながら帰宅すると、両親が庭に出て一緒に月を見ていた。手もつなぎ合って何だかうっとりしている。おいおい、息子がいるのに発情してセックスとかするんじゃねーぞ、と思っていたら、こんな会話が聞こえてきた。
「あの日もこんな月だったね」「初めて会った頃を思い出すわ」・・・ひょっとして、俺がかーちゃんの胎内に仕込まれたのって・・・両親と同じように空を見上げると、真ん丸お月さんが淡々と輝いていた。
F割
フェラ割
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -