セフレ漁り
優良サイトで淫乱なセフレ探し
いや…ああいう場所でお金持ちの主婦って性的な開放感を味わってるんだね。
なかなかびっくりした…というかこれは誰にも言いたくない俺だけのおいしい秘密だな(笑)。

俺は今年19歳。去年高校卒業と同時に岐阜の田舎の町からから東京の自由が丘に引っ越ししてきた菓子作り職人(パティシエ)の卵だ。

といっても、この年の割にこれをこの業界で一応名前を知られている。
全国のパティシエのアンダートゥエンティー部門で高校二年の時に全国優勝しているんだ。

それで、その頃から既に高校卒業したらうちの店に来ないかっていう誘いが何本もあった。

俺はとにかく岐阜の田舎っていうのがすごく嫌だったから、出ていくなら東京がいいなと思っていて、東京の中で条件の良いところから今の店を選んだっていうわけ。

その俺が、時々店長に言われてやっているのが、うちの店の看板を背負ってお菓子作りの先生という役割だ。



それは、デパートの地下の食品コーナーでやる先生だったりとか、オフィス街のビルの特設会場でやったりとかそういうこともある。

今日行ってきたのは高級マンションの社宅みたいな場所で、一流企業の奥様連中がホームパーティーみたいな感じでやる料理教室の中の一環だった。


ところが…結局俺が今日教えたのはお菓子作りというよりは、若い男の体の方だった(笑)。
まさにセフレ漁り(笑)。
いや、おばさんたちは自分たちが俺にセフレ漁りとか思われてるなんて全く思ってないと思うんだけど、実態はそれと同じだった。

「先生ちょっといい?」とか言われてそう一緒に連れていかれたのが料理を教えている家からちょっと離れたベッドのある部屋。

そこでいきなりキスされてセックス。

俺はそのことを秘密にしなくちゃいけないと思っていたんだけど、30分くらいしたら

「ちょっと先生・・・」

みんな順番待ちなんだよ…(笑)。

結局そこに参加していた8人の結構かわいいおばさん達全員とやってしまった。

料理教室じゃなくて現実はセフレ漁り教室だったんだね…
性奴隷募集
肉便器
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -