無償支援
支援してくれる人
 40歳の私に、無償支援してくれる男性が見つけられてしまったのです。
今は只、驚きと喜びに包み込まれている状態です。

 生活の安定を望んでいました。
何処のご家庭でも同じでしょうが、上流でない限りは生活がとても厳しくなってしまっています。
物価は上がるし、消費税もアップする。
でも給料は伸び悩む。
殆んど、夫婦でお仕事をして稼ぎを得ているんじゃないでしょうか?
私たち家族も同様でした。
パートに出て仕事もしているのですが、生活は改善されず。
さらなる収入の方法を考えるようになっていました。

 ネットで見つけたのがパパ活という関係。
こちら肉体関係を作らず、デートのみで収入が得られる方法。
最初は若い女の子用の男女関係であると思っていましたが、よく調べていけば年齢関係なく可能なのが無償支援の男女関係のようです。
望みは薄いかもしれないけれど、それでもチャレンジしなければいけない気持ちでいっぱいになっていました。

 無償支援が可能な男性を探すため、凄く有名な出会い系に登録しました。
攻略ノウハウも頭に入れておき、掲示板に投稿。
ワクワクドキドキしながら、男性からの便りを待ったのです。
毎日のように掲示板にも書き込み。
メールもチェック。
最初は反応が薄かったのですが、ちょっとずつ手応えも感じられるようになりました。

 デートだけで支払いが可能だった、50代の方との待ち合わせも決められました。
さすがに40歳の私でも緊張の瞬間でした。
もしかしたら、無償支援してくれる可能性もあるため、良い印象を与えるように心がけました。
わざとらしくならないように、笑顔は絶やさないように、私なりの工夫もしてみたんです。
初回は面接だけでしたが、万札一枚が支払われました。
これだけでも驚愕的です。
さらにお食事の誘いまで言い出してくれました。

 結果を言えば、食事デートで支払いをしてくれる関係を作れました。
食事にお付き合いするだけですから、浮気にもならなくて心も痛むことがありません。
40の私に、2万円の支払いを都度でしてくれるんですから。
年齢関係ないって、本当でした。
私にもパパができました。
ブサイクでもパパ活
すぐにお金が欲しい
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -