無料のセクスティング
コロナでオナニーをする
出会い系で知り合ったオッサン。ハゲでチビで口も臭いけれどお金は持っています。そのおかげでデートをするとお小遣いをもらえるから本当にいい人。「朱美ちゃんは学校が忙しいでしょう。何か欲しいものがあったら言って、買ってきてあげるから。」と、言ってくれます。
オッサンとデートする時は、キスはしないけれど手だけは繋ぎたいと言われるので手だけは繋ぎます。そのせいもあって、私が普段行かないところでデートをしています。ところが最近、知り合いにばったり会ってしまいました。その時も手を繋いでいたので、歳も離れすぎているから恋人と思われないだろうし、お金目的で会っているのかと気づかれたかなと思いました。ごちゃごちゃになる前に別れた方がいいかなと思った私はオッサンに別れを告げました。ところがオッサンは関係を続けたいと言ってきました。
「手だけ繋げも嫌なら手は繋がない。その代わり無料のセクスティングをして関係を続けよう。そしたら口座に振り込むから。」いや、無料のセクスティングの方がもっと嫌だからと心の中で思いましたが口にはしませんでした。その後私はオッサンと連絡を取るのをやめました。しかし、オッサンからは頻繁に電話がかかってきますが全て無視をしていました。
それから数日後知らない番号から連絡がありました。出てみると「君か、タダでエッチをさせてくれるのは。」何事だと思い電話を切ろうと思いましたが、話を聞くとネットに私の番号とやらせてくれる女みたいな感じで投稿されていることが分かりました。オッサンだと思いました。
結局、携帯を新規に変えて連絡は来なくなりましたが余計な出費でもう出会い系はやめようと思いました。
チャットエッチ
チャットエッチ
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -