嫁が祖父や叔父に犯された告白体験談


自分は、農家の長男として大学卒業後実家を継いだ。

嫁とは卒業後、農村研修会の会場(受付嬢)で知り合い、29歳の時に結婚した。

嫁は、28歳で内田有紀似の小柄な子だったが、何しろ爆裂デカパイだった。(98cmGカップ)

実家に連れて行った際には、お爺が

「ホルスタインのようじゃ」

と叫んでいたのを覚えている。

さて、家の家族構成は、お爺が家長でいて、両親と叔父(親父の弟)、俺と嫁の6人家族。

近所でも有名な裕福(コンニャクで大当たり)な農家だったが、一家全員で朝5時から夜19時位まで休みなしに働いていた。

嫁は毎月俺とは別に小遣いを20万程度貰っていて、好きなブランドのバックや服を自由に買ったりしていて農家の辛さな一切忘れて働いてくれていた。

結婚から5年して待望の長男が生まれ、家族を始め近所の人を集めて大喜びで宴会をした。

お爺も

「これで我が家は、安泰じゃ」

と大喜びしお祝いも50万くれた。




俺は長男誕生も嬉しかったが、嫁のデカパイが母乳で張り、Hカップ(105cm)となったのが嬉しかった。

長男誕生から6ヶ月経ち、仕事から帰ってきて夕食をしていると、お爺が親父に

「半年経ったからそろそろいいじゃろう」

と何かを確認した親父は渋々頷き、叔父はニタニタしていた。

俺は何の事かさっぱり分からなかったが、数週間後にその事が理解できた。

嫁は、妊娠から現在まで畑には出ずに家事をしていた。

そんな夏のある日、嫁が洗濯を干していると叔父が1人昼飯に帰ってきた。

嫁の格好は、近所さんも農村で離れている為ノーブラでタンクトップ。

しかも、すぐに授乳出来るようにダブダブの横乳が見えるくらいの服を着ていた。

嫁は、

「叔父さんお帰り、すぐご飯の支度するね」

叔父はニタニタしながら

「もう少しで・・・・」

嫁は、何の事か分からなかったらしいが、すぐに昼飯の支度をして叔父に食べさせた。

叔父は今年58歳で、中学卒業後すぐ実家に入って以来ずっと農家一筋で体つきも良く、馬車馬の如く仕事をする。

しかし、金は小遣い程度(5万位)しか貰っておらず、休みの日は自分の部屋で一日中篭っている。

俺は仕事をしている叔父は好きだが、普通にしてたら只のキモおやじで部屋はセンズリティッシュばかりで、母親がいつも部屋の片付けをしている。

してある晩、俺は白菜の出荷があってクタクタになり、夜21時頃床に着くとすぐ眠ってしまった。

嫁もその後、すぐ眠りについた。

部屋は、「俺のベッド」「長男のベビーベッド」「嫁のベッド」と並んでいて、農家らしく家の入り口以外は一切鍵を掛けていなかった。

寝ていてしばらくすると

○○「腹が減ったなぁ」

と聞こえてきて、うっすら目を空けるとお爺だった。

何してるのかなと思ったら、なんと嫁のタンクトップを捲り上げているではないか。

俺は、出荷祝いで夕食時に深酒をしていたので夢かと思いしばらく動かなかった。

月明かりで見えた光景は、お爺が嫁のデカパイに吸い付き、母乳を飲んでいるのだ。

嫁は、家事と育児で疲れていたせいか

「あなたふざけないで・・・」

小声で言いつつ寝入っていたが、お爺は、

「よしよしじっとしとけ、腹いっぱいになったらやめるけん」

とデカパイを吸い続けている。

嫁も

「あん乳首転がさないで・・・」

と言ってまだ寝ている。

俺は夢だと思い寝ていた。

しばらくしてお爺が

「ごちそうさん」

と言って出て行った。

俺は、また寝た。

すると、今度は嫁のベッドでゴソゴソ音がする。

月明かりに映ったのは叔父だった。

叔父は嫁が掛けていた布団を剥ぎ取ると、タンクトップを強引に捲り、嫁のデカパイを揉みしだき始めた。

嫁は、

「あなた私もう眠いから勝手にしてね・・・」

と俺と間違えたらしく、寝息を立てながら叔父に揉まれている。

俺はまだ夢かと思い、薄目で状況を見ていた

叔父は嫁の股間に手をやり、まさぐり始めた。

叔父はガタイも良く、一緒に風呂に入った時に見たが、イチモツは馬なみという言葉がピッタリのデカマラだ。

暫くすると、そのデカマラを取り出して嫁の口にあてがった。

嫁は、あ〜んと可愛い声を出して咥えた瞬間、俺のとデカさが違うので一瞬「んん?」と咥えながら言ったがまた一生懸命舐めていた

そして、ついに叔父のデカマラが嫁の股に擦り付けられてゆっくり嫁の中に入っていった。

仕事と同じく馬車馬のように腰を振る叔父。

いつもと違う快感に酔う嫁。

しかしまだ夢の中だ。

叔父の腰が激しく動くのと同時に嫁のHカップのデカパイがブルンブルン揺れる。

俺は夢の中に入たがAVでも見ているかのように勃起した。

叔父は、5分すると

「今日は俺も疲れたからこの辺でいいや」

と小声で呟き、そして腰の振りを早めビクンビクンと留まった。

俺は「中出しか?」と思いつつ嫁の方を見ると、かつてないほどの笑顔で目を閉じていた。

叔父はベッドの横にあったティッシュでデカマラと嫁の股を拭くと、デカパイにチュッとキスしてタンクトップを下げ、パンティーを穿かせて出て行た。

あくる日、朝起きたら嫁は

「昨日は激しかったね、今までで一番良かったよ」

なんて言ってきた。

夢じゃなかったんだ!

俺はその日、両親に呼ばれた。

親父「○○(俺の名前)、お爺は家長だ。誰も逆らえない。時雄(叔父)がいなかったら今の家はなかった」

と言った。

続けて

親父「我が家は代々農家の嫁として嫁いで来たは、畑仕事が出来なくなったら家の全ての世話をする事になっている。母さんもお前が生まれて畑に出るまで同じ事をしていたんだ」

母「家は、農家でも好きな物は買えるし遊びにだって行ける。でもお爺ちゃんや叔父さんはずっと仕事をしていてくれるの。感謝しなきゃあね」

少し俯き気味に言った。

親父「毎日.....続きはこちら→続きを読む

関連記事[小説]3人の女子大生たちが旅行先の秘湯に遭遇したエッチな出来事体験
[小説]単身赴任中の中年男性との不倫セックス体験談
[小説]久しぶりに再会した昔の彼女とのエッ体験談
[小説]いい女になった嫁の妹とのアダルトな出来事体験
[小説]テレクラで出会った19歳の女子大学生に中出ししたエロ体験を閲覧する
[小説]家庭教師として来たバイト学生とSEXした人妻の不倫体験談
[小説]狙っていた先輩男性とラブホでHした体験談
[小説]清楚で可愛らしい後輩の奥さんとの不倫エッチ体験談
[小説]義理の弟とのSEXで気持ち良さを知った人妻の快楽エロ体験のお話
[小説]家庭教師として来たバイト生とSEXした人妻の不倫体験談を読む

ランキングスマホエッチ体験談ランキング

掲示板官能小説/エッチ体験談掲示板

検索官能小説検索/リンク 官能小説のらんらん

リンク無料アダルト検索 トリプルエックスサーチ



- MOBI-PAGE -