クウェート基本情報

HOME -> 中東 -> クウェート


■正式名称
クウェート国
■国旗
国旗:クウェート
■国歌
祖国の歌
■首都
クウェートシティ
■最大都市
クウェートシティ
■面積
約17,820ku
■人口
約3,250,000人
■宗教
国民の85%がイスラム教徒(スンニ派70%、シーア派30%)、その他にキリスト教、ヒンドゥー教、ゾロアスター教などが15%。
■公用語
アラビア語
■通貨
クウェート・ディナール (KD) (KWD)
■観光
クウェート・タワー, Grand Mosque, Kuwait Zoo, 解放タワー, Bayan Palace, Kuwait National Museum, Kuwait Science and Natural History Museum, Kuwait Scientific Center, Aqua Park, Green Island, Kuwait Red Fort, Al-Shaheed Park, Tareq Rajab Museum of Islamic Calligraphy, Al Shaheed Park, Al Messila Water Village, KidZania Kuwait, Dasman Palace, Bait Al Othman Museum, Jahra Roundabout, NBK (National Bank of Kuwait) - Museum, Naif Palace, , , Enjefa Beach, Future Kid, Museum of Modern Art, LF - Life Forever, Hammad gruop, Pedamasidu, Shuwaikh Beach, Kids Village, Sheikh Mubarak Kiosk, Historical, Vintage, and Classical Cars Museum, Museum, Abu Hasaniya Public Beach, , Sief Palace, Municipal Museum, Messilah Beach, Al Jahra Gate, Land Kids, Al Shaab Amusement Park, Hawally Park, Marina Hotel Private Beach
■ワーキングホリデー
クウェートは日本とワーホリ協定を結んでいません
■ビザ
日本人の観光・商用目的での入国にはビザが必要だが、クウェート入国時に取得できる。
パスポートは、入国時に残存有効期間が6ヶ月以上と、査証欄の余白が2ページ以上必要。
■日本からの直行便
日本からクウェートまでの直行便はありません
エミレーツ航空のドバイ経由、カタール航空のドーハ経由、エティハド航空のアブダビ経由などで乗り継ぎます。
■国際免許証での運転
不可
■電圧
240V
■周波数
50Hz
■プラグタイプ
B型、BF型、C型
■気候
ほかの湾岸諸国と比べるとかなり厳しい。5〜9月にかけての夏は日中の気温が45℃を超え、特に7・8月は50℃を超えることもある。また、7月以降は南東から吹く風が湿気を運んで湿度が80%を超えてしまう。対して11〜3月にかけての冬は、日中の気温が20℃前後と過ごしやすい。ただし、夜は急激に冷え込む。雨は少ない。ときどき起こる砂嵐に注意。
■グルメ
マンサフ、コウジ、ドルマ、フムス、タブーリ、サモサ、プローンズ・クウェート
■お土産
デーツ(なつめやし)
■時差
[日本との時差]
冬時間:-6時間
夏時間:無し
■治安
近年,クウェートの治安は比較的安定しているものの,殺人や武装強盗等の凶悪犯罪,車上荒らしや,アジア系・アフリカ系の女性を狙った性犯罪などの発生が多く報道されています。また,傷害事件や暴行事件は毎日のように報じられていますので注意が必要です。
※渡航前に外務省海外安全情報を必ずチェック入れてください
■緊急連絡先
◎警察・消防・緊急車:TEL 112(英語使用可能)
◎在クウェート日本国大使館:TEL 2530-9400 (国外からかける際には,国番号(965)を付けてください)
■概要
クウェート国、通称クウェートは、立憲君主制で中東・西アジアの国家。
イスラム協力機構加盟国。
首都はクウェート市。1990年にイラクに一時占領された(湾岸危機)。
北と西にイラク、南にサウジアラビア、東にペルシャ湾がある。
石油が主要産業であり、1日の生産量は300万バレルを超える。
世界第4位の埋蔵量がある。そのため、レンティア国家の一つに数えられる。
原油価格の高騰による豊富なオイルマネーによって、産業基盤の整備や福祉・教育制度の充実を図っており、ほとんどの国民は国家公務員・国営企業の社員として働いている。石油収入を利用した金融立国や産業の多角化を目指して外国からの投融資環境を整備したため莫大な雇用が創出され、不足している労働力は周辺外国人が補っている。また、このような砂漠気候では農業は発達せず、食料は外国に大きく依存している。失業率は1.2%と低水準。
将来的には石油の枯渇が懸念されるが当面は高い生産量を維持可能であると予想されている。
↓ランキングエントリー中↓

サディズムランキングマゾヒズムランキング


今日:1昨日:1累計:144


東カレデート - アッパー層のための審査制婚活・恋活アプリ
不用品買い取り・遺品整理のことは
十勝リユースにおまかせ下さい

- MOBI-PAGE -