バルバドス基本情報

HOME -> 中米 -> バルバドス


■正式名称
〜 バルバドス
Barbados
■国旗
国旗:バルバドス
■国歌
豊かな時も、いざという時も
■首都
ブリッジタウン
■最大都市
ブリッジタウン
■面積
約431ku
■人口
約256,000人
■宗教
キリスト教(プロテスタント、ローマカトリック等)等
■公用語
英語
■通貨
バルバドス・ドル (BBD)
■観光
Harrison's Cave, セントニコラスアビー, フラワー・フォレスト, アンドロメダ・ボタニカル・ガーデンズ, George Washington House, アニマル・フラワー・ケーブ, ギャリソン・サバンナ, ボトム湾, バーバドス・ミュージアム & ヒストリカル・ソサエティー, Morgan Lewis Windmill, Parliament Buildings, Nidhe Israel Synagogue, Bussa Emancipation Statue, ヒラビー山, マイアミ・ビーチ, カーライル湾, Tiami Catamaran Cruises, Atlantis Submarines Barbados Inc., バーバドス野生動物保護区, Graeme Hall Nature Sanctuary, Hunte's Gardens, ペインズ湾, Folkestone Marine Park and Museum, Mount Gay Rum Distilleries, マリンズ・ビーチ, ファーリー・ヒル国立公園, Jammin Catamaran Cruises, Worthing Beach, Sunbury Plantation House, Welchman Hall Gully, インディペンデンス・スクエア, Silver Moon Catamaran Cruises, Gun Hill Signal Station, クレーン・ビーチ, マリンズ湾, El Tigre Catamaran Sailing Cruises, ロックリー・ビーチ, Brandons Beach, ペインズ・ベイ・ビーチ, オーキッド・ワールド, ペブルス・ビーチ, ドーヴァー・ビーチ, クィーンズ・パーク, Blackwoods Screw Dock Barbados, ギビズ・ビーチ, サンディー・レーン・ビーチ, Needham's Point Lighthouse, Bathsheba Park
■ワーキングホリデー
バルバドスは日本とワーホリ協定を結んでいません
■ビザ
不要
90日以内の滞在は査証不要。
備考
復路航空券があること。Eチケットの場合、予約控え(旅程表)があること。
パスポートの残存有効期間
入国時6か月以上必要。
■日本からの直行便
日本からバルバドスの直行便はありません
アメリカ、カナダ、イギリスを経由します
■国際免許証での運転

■電圧
115V
■周波数
50Hz
■プラグタイプ
A(American)
■気候
海洋熱帯性気候。6月〜11月は雨期、1年中貿易風が吹き快適。
■グルメ
魚介料理:トビウオ、シイラ、ロブスター、ウニなど
■お土産
砂糖、蒸留酒
■時差
[日本との時差]
冬時間:-13時間
夏時間:無し
■治安
観光資源が国の大きな収入源であることから,欧米からの定期直行便が就航し,観光客が多く訪れています。政府は治安対策を重要な課題として取り組んでおり,カリブ諸国の中では比較的治安が良好な国であるとされていますが,近年では窃盗や強盗,性犯罪などが多く発生し,麻薬のまん延が社会問題となっています。
観光客が被害に遭う犯罪は,凶器を突き付けられる強盗やビーチなどでの置き引き,ひったくり,宿泊部屋への侵入や性犯罪が多く,特に置き引きやスリ,ひったくりなどが増加傾向にあります。
※渡航前に外務省海外安全情報を必ずチェック入れてください
■緊急連絡先
◎警察:電話211
◎消防:電話311
◎救急:電話511
◎在バルバドス日本国大使館  電話:+1(国番号 246)622-4090
 FAX:+1(国番号 246)622-4059
 ホームページ: http://www.tt.emb-japan.go.jp/index_japan_barbados.html
  E-mail: barbados@rt.mofa.go.jp
■概要
バルバドスは、カリブ海、西インド諸島内の小アンティル諸島東端に位置する、英連邦王国の一国たる立憲君主制国家である。島国であり、島全体が珊瑚礁で出来ている。海を隔てて約200kmの北西にセントルシア、西にセントビンセント・グレナディーン、南西にグレナダとトリニダード・トバゴが存在する。首都はブリッジタウン。
ラテンアメリカ、カリブ海諸国全域において、最も議会制民主主義が定着した国であり、カリブ海地域において最も裕福な国の一つである。
イギリス植民地時代から、バルバドスは安定的な政治と国民の高い教育水準により経済的に豊かな国であった。
歴史的に、バルバドス経済はサトウキビ栽培によって支えられてきた。しかし1970年代後半からは観光業が発展し、バルバドス経済を支える柱となった。
グレープフルーツの原産国でもある。
↓ランキングエントリー中↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ


今日:1昨日:0累計:207


CarTop(カートップ) LINEクリック

不用品買い取り・遺品整理のことは
十勝リユースにおまかせ下さい

- MOBI-PAGE -