プチ援
車内プチをTwitterで裏垢女子と約束して習得したフェラ友の作り方
人生初めてプチ援を使って若い女性とデートをしました。高校生とデートしたら犯罪になってしまいますがマユは20歳だから平気だと思っていました。ところがマユと歩いていると高校生に話しかけられました。「マユの彼氏。マユの姉貴と同じ歳くらいに見えるけど大人の男性がタイプなの。」と、聞かれマユは否定しながらも楽しそうな会話をしていましたがその反対に私は未成年でプチ援していたら犯罪じゃないの俺はとビビってしまいました。するとそんなビビっている俺に対してマユは「年齢偽ったのバレた。本当は18歳なんだ。でも捕まるのは18歳未満だし私は平気だよ。」それでも本当に大丈夫なのか心配になりマユと会うのはこれで最後にしようと思っていました。
その後、俺はまたプチ援しました。今度は同じぐらいの女性を探そうと20代半ばの女性と知り合いになりました。その女性と何度か連絡のやり取りをして実際に会うと以前会ったマユに似ているなと思ってしまいました。だけど未成年ではないから大丈夫と思っていました。ところが、また道で彼女のことを知る人物に会いましたが驚きました。その人物はプチ援で年齢を偽ったマユでした。2人はどういう関係なのかと尋ねると「姉妹。」と、言われマユは俺たちの関係はと聞かれ彼女は「友達。」と、言っていましたがマユはあまり信じていない感じに見えました。そして、なぜか今度は3人で会おうと言う話になり少し怖いなと思ってしまいました。
やらみそ女子
重度の男性恐怖症を克服
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -