クンニされたい
童貞の筆おろし
中学生の時、初体験もまだだったし、付き合ってる男子すらいなかったけど、その時からクンニされたいって思ってました。
セックスにすごく興味があったんです。たまたまどこかで見た写真だったか、映画のワンシーンだったか忘れましたけど、女性がクンニされて、体をよじらせて気持ちよさそうにしてるのが印象的で。
クンニされたいって体の奥からじわじわ感じていたんです。
当然、当時は中学生ですから、クンニされたいと思っても、まず先に誰か相手を見つけないといけない。
そして、その相手に「クンニさせる」という指示をしなきゃいけないんです。
自発的にクンニをしてくれる男ばかりではないことは、なんとなく分かってましたし。
多分、その写真だったか映画のワンシーンが印象として強く残ってたんだと思うんです。
まるで男を自分の付属物や、自分の好きに使える道具、必要な時にスイッチを入れれば自分のために動いてくれる存在かのように扱っていたんですよね。
クンニされたいというより、そういう自分に尽くしてくれる存在が欲しかったのかもしれないです(笑)
大学入ってからやっとちゃんと男性と付き合って、初体験したんですけど、クンニまでしてくれる人っていないんですよね、案外。
初めてクンニしてくれた相手は、関西出身の後輩でした。
なま暖かい舌がクリに触れて、ちょっとザラついた感触。
そして人に見られたことのない体の部分を見られたという恥ずかしさと「キレイです」という彼の言葉に全身がふるえました。
筆おろし掲示板
セフレ募集掲示板
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -