お金がない
パトロン 探し方
毎晩毎晩飲み歩いていたらあっという間にお金がない。
給料日からそんなに日がたっていないのにどうしてこんなにお金がないものなのか、
びっくりしてしまう。
近所の飲み屋によく通っていたのだが、そこで出会った男性が私のことをとても気に入っ
てくれたみたいで、冗談なのかなんなのかわからないけれど、
「おじさんがおこづかいあげるよ〜。」なんて言っていたのを思い出し
お金がなくって最大に困っている私は、おじさんにお小遣いをもらいにいくことに
したのだ。
連絡するとおじさんはめちゃめちゃ喜んでくれてまずいつもの飲み屋で待ち合わせをした。
軽く一杯のんだあとおじさん行きつけの別のお店につれていってもらった。
いつも小汚いお店で飲んでいるのになんだかしゃれたお店に連れてこられて、
このおじさん本気だなとなんだかおかしくなった。
いつも飲み屋で話している雰囲気とちょっと違って、かっこつけている感じがした。
あんまり本気になられてもめんどくさいなーと思ったので、過剰サービスはしないように
うまいこと距離感をとらないといけないなと思った。
お店のごはんはおいしかったのでお酒もすすんだ。
お店の雰囲気もよかったしでなんだかいい気分になってきた。
おじさんにお金がないってことを伝えたら、ぽんとお金を渡してくれた。
わお!って思わず声が出てしまった。
「でも、またデートしてよね。」
とおじさんに言われた。
デートってどこまでするんだろうって思ったんだけれど、特にその日は何もなく帰れた。
パトロン募集
パトロン募集
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -