オフ会
セフレの作り方を習得して3人のオナ友のセフレ化に成功
オフパコなんて言葉が出始めたので、オフ会で会ってくれる女の子が居なくなってきたのがさびしい。
俺は変わったペットを飼っていて、結婚もしたいのだがペットを受け入れてくれる人しか無理なのだ。
だから、オフ会で女の子との出会いを探している。
その日もネットにのせていたうちの子の写真を可愛いといってくれた女の子とオフ会の予定だった。
待ち合わせ場所には本当に可愛い女の子が立っていて、この子がうちの子を可愛いと言ったのか?と思えるほど清楚な感じだった。
ただ彼女は出会ってすぐ「私爬虫類が大好きなんです!」と言ってきた。
うん、うちの子と仲良くなれそうな気がする。
喜んだ俺はうちの子を買ったペットショップや珍しい生き物がいる動物園に行くことにした。
正直、本当に好きかどうか試してみたかったっていうのもあるんだけどね。
彼女は、そんな俺の思惑を知ってか知らずか、ペットショップに行けば黄色い声をあげて喜び、動物園に行けば、うちの子と同じ種類の動物のガラスを触っていた。
本当に好きなのが分かったので、俺は彼女のことが最初にあった時よりもさらに可愛く見えていた。
そんな彼女が動物園を出たあたりで「ガラス越しじゃなくて、実際に触れたら可愛いのに」と言った。
俺は迷ったが、「それなら、今度うちの子触りに来てくれたらいいよ」と言った。
彼女は「いいんですか! それなら今から行きたいです!」と言い出した。
正直、動物園を出た時既に結構いい時間だったので、ためらったがOKした。
彼女は嬉しいそうに、俺についてきた。
家に到着して、うちの子をゲージから出して彼女の手の上に置くと、彼女はうっとりした顔で撫でてくれた。
今まで平気な子はいたけど、最初っから触ってくれた子は初めてだった。
俺は「ねぇ、俺と付き合ってくれない?」そう尋ねると、彼女は嬉しそうに「じゃあ、今日はここに泊めてもらえるね」なんて俺の手を握りながら言ってくれた。
タダマン
セフレ探し
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -