F割
車内フェラの約束をしたJKにアマギフを渡して学んだフェラ友の探し方
33歳で、4000円のF割を申し出てきた人妻との関係は、大変魅力的なものでした。
30代なら、もう少し安くてもいいかと思っていたのですが、相手の圧倒的な魅力に、この金額は安くさえ感じてしまいました。

 あくまでも、口だけの関係。
F割希望だった、美沙都とは、某掲示板で知り合いました。
「私の口だけで、気持ちよくなってみませんか?」
「希望金額は?」
「4000円でお願いしたいんですけど」
相手を確認する前であり、30代ですからさすがに高い。
「これを支払う価値が、あるかな?」
「それは、私をみてから判断してくれませんか?」
彼女は写メを送ってきました。
送られてきた写メを開封してみました。
悪くない。
いや、かなり上玉ではないか?
素直にそう思ったのもつかの間、やはり加工してあるのでは?修正しているのでは?という疑問が浮かびあがってきます。
「写メは信用できないから、テレビ電話で顔を見せて欲しい」
「分りました、気に入ったら4000円で、お願いします」
美沙都は、直ぐにテレビ電話で顔を見せてくれました。
写メと比べて、さらに魅力が高いと感じました。
「では、車内で、4000円のF割で」
「はい。お願いします」
美沙都に会うため、出発しました。

 待ち合わせ前に見たのは顔だけ。
対面したところ、ボリューム感のある胸の膨らみも、究極的な魅力を放っている状態。
ややふっくらはしているけれど、決して女としての魅力はなくなっていない。
さらに、彼女の体から発せられる、フェロモンに心が躍る状態でした。
「今日は、よろしくお願いします」
「こちらこそ、こんな素適なアラサーと出会えて、正直ラッキーだと思ってるよ」
「あら、嬉しい」
彼女を乗せ、都合の良い場所まで移動しました。

 移動の最中わかったことは、やはりという感じでした。
旦那さんの収入が少ないため、やり繰りが大変で、F割を始めたんだとか。
「本番がないから、とてもやりやすいって思って、それで続けてしまっているんです」
多少照れつつも、実情を語ってくれました。

 美沙都は「今日はこれが最後なんで、ちょっと長めにサービスしましょうか?」と、嬉しい提案が。
4000円の支払い価値を、さらに高めてくれました。
会話をしながら、彼女はとても上手な手付きで、肉棒を手コキしてきます。
「夫のも、このくらい大きかったら…」
ふと本音を漏らす。
「それじゃ、人妻の口で思いっきり気持ちよくしてみて」
「はい」
艷やかな声で返事をし、口の中にいれ始めてくれました。
さすがアラサーのテクニック。
これは若い女の子では得られないものです。
確かに、4000円の価値は確実にあると感じます。
魅力的であり、フェロモンのあるアラサーに、かなりたっぷり舐めてもらって、大変勢いよく射精ができました。
射精の後も、後戯のつもりなのか、優しく撫でまわしてくれたり。
1時間ぐらい一緒の時間を楽しませてもらい、支払いしてお別れをしました。
トイレフェラ
トイレでフェラチオ
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -