食事パパから1万円のお小遣い

食事パパから1万円もらえた

(19歳・フリーター・その子)
 鳥取県倉吉市でフリーターをやっている女です。
高卒で仕事を始めたのですが、職場に馴染めずに現在はフリーターをやっている状態です。
フリーターということで、経済状況を理解して貰えるのではないでしょうか?
お金がなくて本当に困ってしまっていました。
このままじゃ、貧困女子になってしまうという危機感がとっても強かったのです。
もっと遊びにお金を使いたい。
おしゃれもしたい。
コスメにもこだわりたい。
そんな思いを強めてしまっていた私。
サポートしてくれる人を探そうと本気で考えるようになりました。

 サポートとは、お金の援助してくれる人。
さらに肉体関係を持たない人。
パパ活っていうヤツです。
太パパって、どの地域にもいると聞きます。
優しいパパと知り合って、食事でお小遣いをもらいたいと考えました。

 大手出会い系なら、利用者が多いから地元の太パパ探しに最適だろうと思いました。
ハッピーメールを使って、食事パパ探しをスタート。
ゆとりのある方と、食事に行って、つかの間癒して欲しいですなんて投稿しちゃって。
これを毎日のようにやっていきました。
なかなか相手は探せないのですが、諦めない気持ちだけを強めて、投稿を繰り返してみました。

 継続することで、メールを受け取れたのです。
地元在住40代の会社経営者。
食事に付き合って欲しいという内容のメール。
すぐにLINE交換して、通話することにもなりました。
その手応えはバッチリ。
顔を合わせたいということで、お茶だけすることになりましたが、そのとき交通費として1万円もらいました。
凄くありませんか?
お茶だけで1万円。
笑顔だったから、相手の人が気に入ってくれたってすぐわかったんです。
数日経ってから、食事に誘われて、その時の支払いが3万円って言われちゃって、びっくりしました。
ワクワクしながら出かけていき、美味し過ぎる料理を食べ、帰りがけにお手当を手渡されたのです。
「また来週時間取れる?」
「はい」
完璧な継続の関係でした。

 それからというもの、定期のお食事デートを楽しんでいます。
毎回3万円ですから驚きますね。
時には、欲しい服なんかも買ってくれるんです。
最高のパパを見つけられました。

新しいパパを探してみたんだけど
パパが欲しい
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -