お金くれるパパ
愛人の見つけ方
「彼氏のためにお金くれるパパと付き合う私って凄くない。」「お金くれるパパってそんな人いるんだ。凄いね。でもそのパパと何かするの。」「食事だけだよ。体の関係なんてないよ。」「そうなんだ。」この言葉は嘘だと思いました。久しぶりに会った友人は彼氏に振り回されているせいか随分と印象が変わってしまいました。昔はとてもピュアで男性と話すだけで顔が赤くなっていたのに今の彼女には想像つきません。「エミは彼氏いるの。」「彼氏はいないよ。」「マジで、なんか私の彼氏の友人が彼女募集中してて良ければその人に会って見ない。でも、お金くれるパパの話は彼氏の前では内緒ね。」「分かってる。じゃぁ、お願いします。」こうして、男性を紹介してもらえることになったけれど男よりも、友人はどんな彼氏と付き合っているのかが凄く興味を持ちました。

数日後、友人と彼氏とその友達で食事しました。正直、紹介される男は全くタイプではありませんでした。暗い雰囲気で会話もあまりしなく見た目は普通なのに勿体無い気がしました。そして、友人の彼氏はとてもバカっぽい印象を持ちました。初めて会う私に馴れ馴れしいし、友人を馬鹿にしたような話し方。よくこんな人と付き合っていられるなと思いました。そして友人がトイレ行っている間に彼は私の携帯番号を聞いてきました。「私、友達の彼氏には興味がないので交換しません。彼と交換します。」と、勢いでタイプではない男と番号交換しました。その後彼からデートの誘いがありました。一度くらいはデートに行こうかなと思っています。
クリ肥大
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -