貢いでくれる人
愛人契約をしてくれる男性を愛人募集掲示板で探した結果学んだ事
 ここのところの、同僚の変化に気づきました。
いつもよりも、落ち着いたように見えます。
以前よりも、自然に笑顔が出ているのも見て取れました。
さては、良い出会いに恵まれたな?
良い彼氏が出来たんだと思っていました。
「彼氏でも出来たの?」
彼女、イタズラっぽい笑顔を浮かべながら「違うよ。彼氏じゃないの」と言います。
そして小さな声で「貢いでくれる人と出会ってね、エッチしないで収入になっているの」と語りだしたのです。
激しい衝撃と共に、興味を持ってしまいました。

 同僚の発言は、激しく私の心を刺激するものでした。
貢いでくれる人とお食事だけの関係で、支払いを受けていると言うのですから。
お金があると、ああまで人間はゆとりのある態度が取れるのかって思いました。
私もお金が欲しい。
サポートして欲しい。
一気に、気持ちを強めてしまったのです。
「だったらね、出会い系アプリを利用してみて!ただし簡単じゃないよ。エッチありパパは多いけど、なしパパは少ないからね」
ただ地道に募集を継続していくこと。
これができれば、貢いでくれる人と出会えることを教えてくれたのです。
彼女も利用した出会い系アプリを教えてもらいました。
即日インストール、そして登録してしまったのです。

 貢いでくれる人募集開始でした。
同僚が教えてくれた通り、ひたすら募集の投稿を繰り返すことになりました。
同僚のように、良い出会いを掴むため頑張りまくっていきました。

 外資系企業の役員男性でした。
40代の方からの連絡が到着、やりとりから顔合わせを決められてしまいました。
ものすごい緊張と期待感が心の中に渦巻きまくってしまったのでした。

 お試しの初回デートに誘って頂けました。
この初回デートで、無事に2万円も受け取れてしまったのです。
ただし、その日はそのまま解散となり、単発で終了かな?とちょっと残念な気持ちに…。
でも、数日経過してから「どうだろうか、定期的に時間を作ってもらえるかな?」と連絡がやってきたのでした!
最大限の悦びを感じられてしまいました。
貢いでくれる男の人
ぽっちゃりのパパ活
金づる男
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -