フェラ友達
フェラ友をTwitterで募集して学んだフェラチオが好きな女の子の探し方
「いくよ。いくよ。」そう言って私の口に精射した。満足した男は私のことをフェラ友達だと思っている。私がフェラ好きだと思っているけれどそれは大きな間違い。男性との出会いは出会い系でした。男性は既婚者。だけどもっといろんな女性と付き合いたい。お小遣いもあげるとメールがあったから私も返信をし会うようになりました。最初のデートの時からお小遣いをもらえたので尽くせばもっと貰えると思いました。
そして、デートして良い雰囲気になってきた日に限って生理だったのでフェラで楽しませてあげようと思ったらそれがすごく気持ちよかったのか、男性が私のプレイにはまりそして、私を勝手にフェラ好きなんだと思い込みフェラ友達になろうと言われた。お金を貰えなければやらないよと思いました。
ある日コロナの感染が酷くなり男性とは、会わなくなりました。外に出る機会がないせいか、お金を使うこともなく、男性に会わなくても全然平気でした。とこらが、コロナが落ち着き男性から連絡があり会いたいと言われ会いました。そしていつものようにプレイもしましたが、終わった後はいつもお小遣いをもらえるのになかなかくれません。そのため自分からお小遣いはと聞いてみると、コロナのせいで収入が減って払うお金がないと言われました。何のためにやったんだろうと無性に腹が立ってしまいました。「これからもお小遣いが貰えない。」と尋ねました。すると、目線を合わせずうなずきました。もう会うの止めようと思いました。
フェラ友募集
ニューハーフのフェラ友
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -