高齢処女
処女喪失
婚活パーティーに沢山参加してようやく出会えた運命の男性。彼は私より3歳年上で、仕事は建築関係。とても爽やかでこんな私とよく連絡先を交換してくれたなと思いました。
その後、何度かデートを重ねました。その時はお互い30代。結婚は意識していることもあって将来の話をしました。そんな話を私がするなんてとても驚きながらある不安なことがありましました。それは高齢処女。私はまだ男性との経験が全くありません。30歳になっても高齢処女なんて言えないし、この出会いはラストチャンスのような気がするから絶対ダメにしたくない。なので、彼に嫌われないように必死でした。そしてもし、エッチしても彼にドン引きされないようにとまずは新しい下着を買い直して、エッチな動画で予行練習みたいな感じのことをしました。しかし、彼と一緒にいるときはすごく気を使ったりしたせいか、ストレスのせいか少しずつ痩せていきました。だけど、頑張ったおかげで彼と知り合って3ヶ月後に付き合うことになりました。
ある日、私が彼の家で手料理を振る舞う時に後ろから抱きしめられてそのままベットへ行きました。何もかも初めてな私。隠そうと思っていたけれど無理だと思い処女と言うことを暴露すると彼は驚きながら「優しくするね。」と言って、少し痛かったけれど、生きていた中で一番の幸せを感じました。
その後も、男性との交際が初めてのせいか自分の素が彼の前で出せてないけれど結婚するまではこのままでいようと思いました。
トイレフェラ
プチ援
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -