パパ活じゃなくて割り切りを選んだ主婦


子連れのシングルマザーがパパ活でお小遣いをもらう出会い方

(37歳・専業主婦・ナルミ)
 私が選んだのはパパ活ではなく、割り切りという関係でした。
夫婦関係が冷めてしまっていること、あとは金銭的な部分でも困ってしまっていたこと、この両方を解消していくためには、パパ活ではなく割り切りが必要でした。
正直な話、女として見てもらいたい気持ちはとても強くあります。
体を求めて欲しいし、その結果を小遣いが手に入れば最高です。
それで、出会い系で割り切りの相手探しを始めるようになりました。

 Jメールで知り合った方なんだけど、現代継続して関係を持っています。
週に1回待ち合わせ、セックスすれば2万円をもらっています。
相手の方は40代後半の方です。
上場企業の役員をやっている方なんだけど、セックスの方もとても強くて助かります。
とにかく夫とは全く違って、前戯をやってくれるってことでしょう。
徹底的に前戯で私の体を作り上げてくれるのです。
こういう瞬間は女に戻ることができて、すごく幸せな気分を味わってしまいます。
強い快楽を味わうことが最高の喜びです。
大きなのが上の口にいれられたり、下の口にいれられたり、1人の女として喘ぎ声をたくさん出せるのです。
セフレの方も私の肉体が気に入ってくれていたようでした。
初めてセックスしたとき、帰りに「定期的に待ち合わせをしたい」と言ってくれたのです。
あの日から、週に1回は待ち合わせをしてお金をもらっているのですが、お小遣いよりも快楽がたくさんあるほうが嬉しく感じています。
割り切りを始めて、全く悔いなどありません。

主婦でも生活費の足しに3万円ほどパパ活でもらえるサイト比較
お金くれるおじさんと出会える
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -