お金恵んでくれる人
お金を恵んでくれる人を発見してオンラインで収入を得る自信
歌手になるのが夢な私は路上でたまに歌ったりもします。少ないお金恵んでくれる人がたまにいてくれたりもしますが、結局は歌手も夢止まりになっていました。私の年は25歳。いい加減親に甘えられる年でもないし、大金みたいなお金恵んでくれる人がいるわけでもないし、もう諦めようか悩んでいたとき、路上で私の歌を聴いていた男性から私に話しかけてくれました。「歌上手だね。うちのお店で歌ってみない。勿論お金も払うよ。」嬉しかった。私はすぐにお店で歌いたかったけれど服装はもう少し派手な服がいいと言われ、男性のお店で服を借り歌うことになったけれどその場所はキャバクラ。男性はその店の店長でした。私の服装もキャバの姉ちゃんが着るような派手な服。歌を歌ってもきちんと聞いてくれる人がいないし、歌い終わるとお客が「俺の隣で酒を注いでくれ。」と、キャバクラで働く接客のスタッフと間違われるしストレスだけがたまっていきます。そんな私に働かないかと声をかけた男性は私に「歌もいいけど君は見た目も可愛いからうちの女の子と一緒に接客もしてみないか。そしたらもう少しお金もあげるよ。それか、私の彼女でもいいよ。」店のお客さんはスケベが多くて嫌だけど、店長はお店で私のCDをお客さんにオススメして買わせてくれたり、歌についてもいろいろアドバイスをしてくれたり、その優しさが私には嬉しくて好きという気持ちはありました。店長の彼女が良いと言いたい気持ちもありました。しかし、私は恋愛と夢を同時に頑張る自信がない。夢を諦めようかと心が揺らいでいます。
リモートパパ活
お金助けて掲示板
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -