エロ電話
エロチャットからオナニーの見せ合いをした女子とオフパコをする手順
10年前に就職で大阪から東京へと拠点を移しました。
自分ではそんなに地元愛はない方だと思っていて標準語にもすぐに慣れたのですが、大阪の友達としゃべる時は自然と関西弁なまりが出ますね。たまに仕事で大阪支社から女性が出張してくると、何だかうれしくなって関西弁トークしてしまいます。学生時代の友達は、みな関西から出たがらずに地元企業に就職しましたが、今となって初めて彼らの気持ちがわかるような気がしますね。離れてみてようやく分かる故郷の良さでしょうか。
出会い系サイトもよく利用していて実際に何人かと寝ています。ただ、当たり前ですけど、セックスは標準語ですよ。東京の女の子とは東京流で寝ています。ただ、腰をグングン振りながら「ああ装っているなあ」なんて思うのです。関西にいた頃は合コンで知り合った女の子と関西弁コテコテセックスしてましたが、やたらその頃が懐かしくなったりしますね。
それもあって、未だに関西に住んでいる女の子に声をかけて、エロ電話しています。自分を標準語で飾らずにネイティブに関西弁でエロトークすることが、この上ない快感なんですよ。エロい話に女の子が語気が強い河内弁あたりで来てくれたら、僕から東京人のメッキが剥げてコテコテの関西人に戻れますね。「ほらもうこんなんなっとる」「ええかいくでー」て感じで、僕自身もエロおやじまるだしになってしまいます。テレセになって「ああええわー」と女の子が感じてきている様子がうかがえれば、興奮もマックスですね。
ただ、女の子に話を聞くとエロ電話する時は標準語を装うケースが多いそうです。どこかやっぱり関西弁が恥ずかしいという気持ちもあるんですね。男の言葉責めが上手くて、ついつい「あかんあかんてー」と関西弁が出てしまって、ハッとしてしまうこともあるんだそうです。男にうっかり出た関西弁を指摘もされずに流されるのもこれまた恥ずかしいものだと。だから、皆、関西から出たがらずに自分を装うこともない関西人どうしでコテコテセックスを楽しみたいんでしょう。どこでもドアがあればいいんですが、まあ、僕にとっては今は電話が関西の女の子とエロ電話できるどこでもドアですね。
エロイプ
エロチャット
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -