パトロン募集
愛人契約
私がパトロン募集してた時って、まだ今みたいにパトロン募集が一般的じゃなかった頃だった。
だから、パトロン募集するには、特殊な人脈が必要だったのね。
私の場合は、夜の店でバイトしながら探したな。
夜の店で働くのは、私も気が進まなかったけど、パトロンができるまでって割り切ってた。
パトロン募集なんて、よっぽど派手な生活をしていたんだろうって思われるかもしれないけど、私の場合、そういうんじゃない。
すごく病弱なのよ、私。産まれた時からずっと。だから、仕事も続かないし、すぐ入院しちゃうし。
このまま働いてたら、絶対に死ぬって分かってた。
だから、働かないでお金がもらえる方法を考えたのね。それがパトロン募集。
10代の頃から、私、気付いてたんだけど、男って一定数、病弱な女に弱いのがいるの。
白血病とか、若くしてガンに侵されるとか、そういうのにロマン感じちゃうような男がいるのね。
夜のバイトも、毎日じゃかなり辛いから、週に2回とか3回にしてもらって。
そこのママさんには面接の時すべて打ち明けてあってね。「いっそのこと結婚相手探した方がいいんじゃない?」って言われたよ。
まぁ、お手伝いさんが雇えるくらいの家だったら、奥さんが病弱でもなんとかなるけど、普通の家庭だったら、奥さんがしょっちゅう入院してたら、家庭が回らないでしょ。
愛人程度なら、なんとかって思うから、パトロン募集してたんだけどね。
そういう風に説明したら、ママさんが「なるほどねぇ」って納得してた。
お小遣い
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -