ホ別2
割り切りでエッチした女子大生と今度はタダマン
私はわりきりを始めたときからホ別2です。ホ別2が妥当かなと思ったからです。今でも、特に問題はありません。私は、今まで流されるまま生きてきました。自分で考えることもなく周りや、親に言われるままに生きてきたのです。それが当たり前だと普通のことなんだと思っていたのですがある日突然、その生き方に疑問を感じるようになりました。私は本当にこれでいいのかと。どうして急にそう思ったのかはわかりません。ただ漠然と不安になったのです。それで、なんのあてもなく家をでました。思い立って家をでたので家族も驚いていました。それでも、一人暮らしを始めると言い張り、家をでたのです。家をでてからは行き先も告げず、家族とも連絡をとりませんでした。家を借りるくらいのお金はあったのですが仕事がありませんでした。はじめはとりあえずコンビニで仕事をはじめ、やりたい仕事を探していました。でも、今まで流されて生きてきたので、やりたい仕事なんてありませんでした。考えたことがなかったのです。自分が何をやりたいのか。コンビニで働きながらずっと考えていました。何をしているときが楽しいのか、何をしたいのか。私の頭によぎったのは、自分でアパレルのセレクトショップをやりたいということでした。私は昔から洋服が好きで、ほとんどのバイト代を洋服につぎ込んでいました。自分の店を持とうと思いお金が必要だということに気づきました。それで、ホ別2で男性と会うようになったのです。出会い系サイトや掲示板、ツイッター色んな方法で会える男性を探していました。コンビニのバイトを続けながら男性と会い生活費を稼いでいたのですが、あっという間に貯金ができたので、私は、コンビニのバイトをやめ、好きなショップで働いてみることに。一年で店長になりました。もう少しお金が貯まったら自分でお店を持とうと思っています。
援デリ業者
謝礼交際
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -