最近の海外風俗ビジネスの実情について


HOME -> 最近の海外風俗ビジネスの実情について


- PR -

マカオサウナ出稼ぎ風俗求人情報


■最近の海外風俗ビジネスの実情について
最近の海外風俗は
「世界中に散らばってる中国人の華僑をベースにした中国人相手のビジネスです」
中国人もわざわざ非合法をするのはバカだと思ってる人種なので
合法ビジネスでやっています
「人身売買ブローカーなんて単語はもはやテロリストぐらいしかしてないでしょう
だいたい今のかつて非合法の人身売買が行われていた東南アジアは資本集中してるんで、高級志向になってるからどこの馬の骨ともわからん人身売買で連れてこられた女の子買うとかしないと思いますよ
今東南アジアはDCが主流だと思います」
とこのように今の海外風俗は健全化、合法化され
普通のビジネスとして我々はやりとりしています
ネットに書いてるような情報は古い情報の上に嘘まみれです。
「まあおそらく不合格者のみっともない逆恨みだとおもいますけどね」
相応のレベルが必要でもありますから受からないものは受かりません
それを逆恨みしてあること無いこと書いてる人がいるようです。
「あと100キロのぽっちゃりの人と50代のおばちゃんはいい加減受からないんですから逆恨みのストーカー辞めてください迷惑です」
多分この人達みたいな人が営業妨害してるんですよね
全く困った話です。
話は逸れましたが、基本的には中国人相手のビジネスで
白人や黒人相手は女の子が壊される可能性があるから日本人では扱ってないんで
顧客はほぼ中国人相手で稀にアラブ人と一部ヨーロッパとオーストラリアの白人ぐらいです
ちなみに
中出ししたがる人種はアラブ人、インド人、日本人です
中国人は基本的に性病怖いから言われなくても自発的にコンドーム着用します
なので総合的に見て中国人相手が一番お客様として安全で安心できます
数も多いので必然的に中国人相手のビジネスに現在の海外風俗はなっています
なのでなんか勘違いしている女の子いますが
白人や黒人相手のビジネスではありませんから
中国人嫌いとか苦手とか言ってるならこのビジネスには向いてません
「そもそもそんな人種差別をする人にこのビジネスをやる資格はありません」
中国人苦手なら応募しないでください
よろしくお願いします
お問い合わせはLINEでご連絡ください

↓ランキングエントリー中↓

SMマニア検索エンジンSMサーチエンジン ハードプレーヤーズ




- MOBI-PAGE -