妾契約
愛人の経験者から聞いた詐欺の手口
私が最近、興味のあることといえば、妾契約を誰かと締結することである。
というのは、会社と家を行き来しているだけの生活に終止符を打ちたいと思っていたからだ。
そういうわけで、私は、とある出会い系サイトにアクセスをして、掲示板に書き込むことにしたのである。
具体的には、このように。
「こんにちは。会社と家を行き来しているだけの日々に終止符を打ちたいと思っています。その手段として、妾契約を思いつきました。まずは、お茶からでもいかがでしょうか?」というような感じでね。
そこで縁があったのが、Bさんという男性だった。
彼曰く、「はじめまして。妾契約の掲示板を見ました。僕もちょうど、妾契約をしてくれる人を探していたとことだったので、ちょうど良かったです。まずは、お茶からでもいかがでしょうか?」ということだった。
すぐに返信をして会うことになった私たち。
相性が良かったらしく、かれこれ、今日まで妾契約が続いてしまったものである(笑)
そういうことで、実は、妾契約自体の契約更新日が近い。
まあ、契約更新といっても、内容が変わるわけではなくて、ただ単に、期間が延びるだけなんだけれどね。
ちなみに、妾契約をしている彼は、時間とお金に余裕のある紳士である。
それでもって、私のことを気遣ってくれる人だ。
最近は仕事で忙しい日も多い私であるが、それでも、彼から時間を合わせてくれるのだからね。
今後も末永く、彼とは仲良くさせてもらおうと思っている。

体の関係なし
体の関係なし
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -