家に泊める
神待ち
とあるサイトのコメントで、家出少女募集なんて書いてあった。
家に泊めるよだって。
最近、この手の書き込みが多くって面白い。
私は一番近くの男に返事をすると、1時間後に待ち合わせになった。
待ち合わせ場所にいた男はなれなれしくて、あんまり好きになれなかったけど、ちょうどいい。
男は私に「家に泊める代わりに……ねっ」なんて言ってきて、言葉を濁してるのがまた面白い。
そんなんだから、部屋に着くなり、欲求不満の男は私に襲い掛かってきたんだ。
何となく腹が立ったので、私は男の腹を蹴飛ばしてみた。
男は激怒して、
「家に泊めるって言ってんだから、やらせるのが筋だろ? お前らみたいな女に需要があるだけ喜べよ」
なんて言い出した。うん、面白い。
私は男の肩を蹴飛ばして、押し倒すと、
「ねぇ、あんたが軽蔑してる女のマンコで今から望み通り犯してあげる」
と笑いながら言ってやった。
男は驚いた表情でこっちを見ていたが、目には期待の色が浮かんでいた。
私は男のチンコを口でなめまわし、男がいきそうになったところで止めた。
チンコの根元をおさえていけなくしてから、さらに刺激する。
男が苦しそうに、それでいて気持ちよさそうに声を出す。
力が抜けたところで手を放して、男のチンコを自分のマンコに一気に突っ込んだ。
男はほどなくして果てたが、尚も刺激を与える。
小さくあえぐのが面白くて、
「家出少女だと思ってなんでも思い通りになると思う? ねぇ、こんな風に犯されるのってどんな気分?」
そうやって煽ると、男は「気持ちいです」なんて答える。
その瞬間にぞくぞくして、私もいっちゃった。
これ、最近の私の趣味で泊め男をMにして屈服させるの。
まぁ、Mになった男がまた会いたいって言ってくるから泊まる場所には困らないんだけどね。
神待ち
家出掲示板
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -