パパの探し方
パパ活アプリ
「どうやってパパの探し方が出来たの。私にも教えて。でも、最初から知っていたというの無しだよ。」「パパの探し方なんて、ネットを使えばすぐ出来るよ。意外とパパの探し方なんて簡単だよ。」友達に教えてもらったのがきっかけで私もパパを作ってみました。そして、友達が言った通りネットですぐパパが出来ました。

「レナは何故パパが欲しかったの。」「親が早く他界したから、親の愛が恋しくて探したの。」本当は嘘。両親は健在だし、ただお金が欲しかっただけとは言いません。その方がもっと私にお金をくれると思ったから。「そうか、大変だったね。今は一人暮らしをしているのか。」「うん。一人暮らしは大変だね。家賃や食費にお金かかるから今は週6で働いてるよ。」「それは大変だ。私が所有してるマンションに住むか。」「いいの。」「もちろん。レナのパパだからね。」私はパパを抱きしめました。「ありがとう。パパは私にとって本当の父親。私、パパに会えて嬉しい。」「私もレナを本当の娘と思っているよ。」

この言葉のおかげか、私はパパと身体の関係にならないで過ごしています。たまに私の足に触れようとすると「パパどうしたの。パパは私のこと娘と思ってるんだよね。」「もちろんだよ。」そう言って手を引っ込めてくれます。

パパのマンションに住み始めてもう1年。「レナ、今日は誕生日だよね。このマンションの名義はレナにしたから。」「いいの。ありがとう。」本当に優しいパパ。でも、パパに嘘を付いててごめんなさい。
パパ活
お金貰える
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -