パトロンの作り方
パトロンとは何かを知らなかった私が無償でお金くれる人と出会うまで
出会い系を始めたばかりの歩美。初めて会った男性は私と緊張しながら話していたことが凄く印象的だった。私の年は40代。歩美は20代。年上の男性が好きだから出会い系で年上の男性と知り合えるかなと思い始めたと教えてくれました。メールしている時に写メを交換していたこともあって会う前から好きになっていた私は実際に会えてますます彼女のことを好きになりました。彼女も徐々に仲良くなれたらいいなと言ってくれます。
そんな彼女と知り合って3ヶ月ぐらいが経つ頃、そろそろ彼女と付き合えないかなと思った矢先に彼女が病気で入院してしまい仕事に行けなくお金に困っていると連絡があったので私はお金を貸すのではなく、あげることにしました。喜ぶ彼女。口座に入金して3週間後再び元気な姿で会えました。そろそろ告白をしようと思った時に彼女が「仕事を長期で休んだから今は恋愛出来ない。待って欲しい。」と言われ待つことにしました。
しかし、無理して再び体調を崩した彼女。またお金を支援してあげました。ところがこの話を友人にすると「お前パトロンになってないか。パトロンの作り方で出会い系で作れると聞いたことがあるよ。」パトロンの作り方の話を聞いてまさかと思いました。彼女はパトロンではなく恋人を探していたはず。しかし、待っても全然付き合ってくれないし彼女と出会って1年。未だに告白をしてもはぐらかされるし、お金だけは要求されます。本当にパトロンとして私を見てくれないのかと不安になってしまいますがそれを聞いたらもう彼女に会えない気がして俺は彼女の要求に答えることしか出来ないでいました。
お金欲しい掲示板
愛人募集掲示板
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -