愛人募集
パパ活
こんな気持ちになるのは初めてだ。
今まで何度も愛人募集をしてきて、何人もの素晴らしい女性に出会ってきた。
みな美しくてかわいくて、素敵な女性だった。
僕が愛人募集をし始めたのは妻との会話がまったくなくなったころからだ。
結婚する前は人並みに仲の良いカップルだった。
しかし結婚して子供ができて、妻は僕を汚いものをみるような目でみるようになった。
僕は家族のためにできることはしたいとおもって仕事も頑張ったし、できる限り
家事もしていた。
妻の作る料理はいつもおいしくていつも楽しみにしていたのに、いつのまにか
僕にごはんは用意されなくなった。
いつのまにか僕のことはなにひとつしてくれなくなった。
ただ家庭にお金を入れ続ける同居人になった。

最初のうちはすごくショックだった。
なにが原因なんだろうといろいろ考えた。
けどいくら考えても答えはみつからない。
日に日に妻は僕の前に姿すら現さなくなった。

しばらくして僕らは別居するようになった。
というか僕の方から家に帰らなくなった。
あのいたたまれない空間に帰るくらいだったらホテルにとまったほうが幾分も快適
である。
ただ僕はひたすらにさびしかったし悲しかった。
そんな気持ちを埋めてくれる女性に出会いたくて僕は愛人募集を始めた。

ある日であったどこにでもいそうな素朴な女の子に僕はいたく惚れ込んでしまった。
愛人募集での出会いであるから恋愛に気持ちが変わってはいけないと思うのだけれど、
どうしても自分の気持ちを抑えることができないのだ。

オナ指示
LINEオナニー
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -