泊めてくれる人
神待ち 掲示板
行き当たりばったり旅行を友達としていました。ホテルもその場で見つける。ところが、大型連休のせいか、予約しないで泊まれるホテルがありませんでした。周囲には漫喫やカラオケなど時間潰しの場所もありませんでした。とりあえずお腹が空いたので近くの居酒屋に行きました。空きっ腹で飲んだせいか、お酒も一杯で酔ってしまいました。

「この後どうする。ホテルは満員だし泊めてくれる人いないかネットで投稿してみる。」「ネットで泊めてくれる人を探すの怖いよ。」すると、隣の男性が私たちに話しかけて来ました。その人達も友達と2人で飲んでいました。「泊まるところがないなら会社で良ければうちに来る。自営業してるんだけど、今は会社が休みだから人も来ないし、そこなら連休中泊まってもいいよ。」「いいの。やった。」私達は知り合ったばかりの男性の会社で泊まることにしました。「良ければそこで飲み直さない。ここの居酒屋、お酒が届くの遅いしコンビニで買って飲もう。」「うん。」

会社に着くと、男性たちは買った缶ビールを飲みました。私達は結構酔っ払ったのでジュースにしようと思ったのですが、男性がもっと飲めと勧められたので飲みました。そして私はそのまま寝てしまいました。

「あっ、あっ。」変な声が聞こえると思い目を開けると男性が友達を襲っていました。友達は泣きながら犯され、私は男性が気づいていないので電話で警察に通報しました。タダで泊めてくれる人を安易に信じた私たちがいけなかったと思いました。
愛人契約
お金くれる人
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -