パパ募集
お金くれるパトロン募集
全てはこの男と結婚したのが運の尽きだと思いました。出会ってすぐ妊娠をし結婚しましたが、出産してすぐ旦那は他にも愛人を作ったり家にあまりお金を入れてくれません。旦那の両親からも結婚が早すぎたと言われ何も援助もしてくれなく、私は両親に頼りながら生活しています。正直このままではダメなのもわかっているけれど、子供が小さいため何もできない。せめて私を支援してくれるパパがいればと思い私はネットでパパ募集をして見ました。

その後1人のパパと会いました。彼にはシングルマザーと嘘をつきながら子供と2人で生活していると言ってあります。彼はそんな私にお金を支援してくれます。もちろん、その代償は私の身体。それでも構いません。それでお金が手に入るなら子供のために今何でもできると思える私。そんな私の身体はまだ母乳を出てるせいか、彼に抱かれるたび母乳が出ます。しかし、彼は嫌がるどころかそれを嬉しく感じてスケベな顔をしてそれを飲んできます。「赤ちゃんにあげるものだよ。パパが飲んじゃダメだよ。」「いいじゃないか、少しくらい。」本当にキモい。終わった後は入念に身体を洗います。こんなオヤジがに吸わせてごめんねと思いながら。しかし、おかげで彼から五万円のお小遣いを頂きました。

「私がいるんだからもうパパ募集してないよね。」「してないよ。パパはあなただけで十分。」本当は嘘。私は他のサイトでもパパ募集をしています。もっとお金をそんな思いだけで私は今の生活を乗り越えています。
クリ舐め
クンニリングス
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -