JCとの援助交際
ホ別いちごでJCに見える女子大生とセックス
「こんばんわー!JCでーす!」
自分で言うな!恥ずかしくないんか!
僕の前にはちょっと古びた感じのセーラー服に身を包んだ、中身はもっと古びているおねーちゃんがウインクしながら横ピースしていた。見た目はJC、中身は30手前のおばちゃんだ・・・だいたい、JCと言えば横ピースなんて言う感覚が時代のずれを感じさせる。憐れミソリーチ。
「やだなあ、もっと喜んでよ。夢にまで見たJCとの援助交際プレイでしょ」
いや、夢にまでは見ていない。
もっとも、おばちゃんが何をトチ狂ってセーラー服でポーズを決めているかと言うと、僕が「JCとの援助交際プレイ」をお願いしたからなんだけどね。
援助交際していた彼女と知り合って半年くらい。今ではセフレである。本人曰く、相手となる男性が年下ばかりになってきて、援助交際には限界を感じていたそうだ。そして、最後の援助交際相手だったのが僕だった。
「今日限りでエンコーは引退して、まともに働きます」
と言うことだったので、だったらセフレにならない?と誘ったらOKしてくれた。ラッキーなタイミングだったと思う。
彼女とは同年代で何かと気が合った。お金に縛られて性を提供していた彼女も、そんな緊縛から解き放たれて、リラックスして僕とのセックスを楽しんでいる様に見える。
話題も共通していて、話をしていても楽しい。僕は真剣にお付き合いするなら年下の女の子がいいのだが、セフレは同世代がいいなとしみじみ思った。
そして、学生時代の思い出話をしていて「実家にまだセーラー服あると思うよ」と言う彼女の話を聞いて、だったらJCとの援助交際プレイをさせてほしいと頼んだのだ。
・・・しかし、実際は見るからに痛いおばちゃんがいるだけだった・・・
「さすがにウエスト周りはきついけど、これでも元JCなんだからね」
それを言うなら、僕だって元男子中学生(女子中学生ならJCなら、こっちはDCか)なのだが、「私がセーラー服ならあなたは学ランで」と彼女からリクエストされたとはいえ、僕の年齢でさすがに学ランはきつい。
「これを着ると処女に戻った気がするわあ。中学生の頃は私はまじめだったからなあ」
もし20年前に僕たちが出会っていても会話の一つもなかっただろう。20年前に気持ちが戻って、当時はあり得なかった性行為を行うのはなかなかに興奮する。
さて、JCとDCによる援助交際プレイはこれからだ。
ハッピーメールのセフレ
JCの裏垢
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -