契約締結
愛人
私と夫は、家同士の思惑で決められたお見合いで知り合い、親同士にせかされるように結婚しました。
最初から愛のない生活で、夫は早々に外に女を作りました。
私自身、子供ができない体質であることが負い目になり、夫を責めることもできませんでした。
鬱憤を仕事にぶつけていたら、皮肉なことにそのがむしゃらさが評価されて、とんとん拍子に出世してしまいました。
役職がついて高給取りになった妻に、夫はますます興味を失ったようで、もう家にも帰ってこなくなりました。
お金はあるけど、愛のない寂しい毎日を送っているとき、ある若い男性と知り合いました。
彼は役者志望で、アルバイトをしながら稽古に励んでいて、そのひたむきさに心を惹かれました。
夫だって愛人を作っているのだから、私にだってその権利はある・・・そう考えて、彼に「私の愛人になってほしい」と申し出たんです。
彼は驚いて、そんなつもりはなかった、しばらく考えさせてくれと返されてしまいました。
女からそんなはしたない申し出をするなんて、と後悔しましたけど、しばらくして彼から「愛人にしてほしい」とOKの返事をもらうことができて、そのまま彼と関係を持ち、きちんと愛人契約締結しました。
彼は若い男性だったので、こんなおばさんだけでは満足できないだろうと思い、恋人を作らないといった条件を付けることはしませんでした。
その代わり、ときどきは寂しいのを慰めてね、とだけ・・・
彼は真面目な子だったので、律儀に連絡をよこし、情熱的に私を抱いてくれました。
恋人はいたのかもしれませんが、私にはそういったことを一切悟らせないようにふるまっていて、本当に賢い子だと思いました。
私は彼が大成するまで、毎月お手当てを振込み、物入りだろうと思った時には別にお小遣いを与えています。
彼は申し訳なさそうにお礼を言うのですが、その笑顔が見れるだけでもいいんです・・・
はたから見たら、とても寂しい人間だと思います。
だけど夫の愛もなく、子供もいない私には、彼の成長を見るだけが生きがいなんです。
愛人生活
愛人掲示板
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -