ワクワクメールで介護士とやれた出会い体験談


ハピメでセックスしたい

(23歳・会社員・諭)
 彼女がいませんから稀に風俗に出かけたり、ナンパを楽しんでいました。
自粛が叫ばれるようになって、自宅にいなければいけない状態になりました。
仕事以外の外出は控えるようになってしまったのです。
正直、不満が強烈になっちゃって大変。
股間が常に疼く状態だったのです。
ネットのエロい動画なんか見ながらシコシコやっていましたが、それでも我慢ができず。
サイバーセックスという方法を試してみようと思いました。

 自分が生活しているのは岩手県二戸市ですが、サイバー空間でのセックスは場所を選びません。
日本全国の相手と繋がりを持てます。
出会い系ワクワクメールのアプリは、利用者も多いため、大人の通話希望者を探すのに最適でした。
関西地方で生活している、25歳の介護士さんと知り合うことに成功。
2人ともムラムラが激しかったため、LINEでエロトークを始められてしまいました。

 リアルの世界ではないのですが、その興奮は激しいものがありました。
初めて通話する女の子も新鮮味も強烈。
いきなりエロトークスタート出来るのって、最高気分です。
リアルでは駆け引きが必要になりますが、サイバー世界はそれがない。
顔が見えないから女の子も大胆になれます。
「マン汁、出てきた?」
「うん・・・エッチな気分」
「足を広げて、クリちゃんさわろうか」
「ああっ・・・はっああっ・・」
妖艶な女の子のあの声に、不満なイチモツが元気よく直立を始めてしまいました。

 介護士さんも相当の不満を溜め込んでいる模様。
感染症のリスクがある仕事をしているためなのでしょう。
セックスもできずに不満を抱えた介護士さんの喘ぎ声は、強烈そのものでした。
持っているバイブを挿入したときなんか、そのエロすぎる声に半端じゃない興奮を覚えてしまいました。
感じまくっている2人は、テレビ電話による見せ合いにもなっていきました。
女の子のオナニーを見る。
イチモツを見せて相手を興奮させられる。
すべてが刺激たっぷりのサイバーセックスでした!

ハピメと風俗の違いとは
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -