ライブチャットでオナニー
オナ指示
 巣篭もりのステイホームに退屈さを感じている人たちって多いでしょう。
自分も、その1人だったりして。
女の子と遊びに行くこともできないなんて、まさに拷問です。
新型コロナがない頃は、相席居酒屋とかに出かけることも多々ありました。
またネトナンというのも楽しんでいました。
現在は病気感染が怖いため、オール自粛。
仕事も在宅になって、完璧なヒッキーになってしまった気分でした。

 仕事の打ち合わせのため、簡単なテレワークがあるのですが、これがいつも早めに終わってしまいます。
余った時間同僚と無駄話をするのですが、ライブチャットでオナニーと言うキーワードが飛び出しました。
「ネットのサービスのライブチャットでオナニーしたけど、良いんだけど金が厳しい」
喜びと、残念な気分が半分ずつのようでした。
「だからね、ネットのサービスのライブチャットでオナニーした経験を活かして、無料でやってみようと思ってね」
「実現できたのか、無料のライブチャットでオナニーを?」
「うん、これお前にもオススメだよ」
その方法が、出会い系アプリの中でオナ指示欲しい女の子と知り合う。
その後、無料通話アプリ交換。
気分が盛り上がったら通話だけではなく、テレビ電話で見せ合うというものでした。
正直、性的な不満も強い。
退屈さも強烈。
同僚の話に乗ってみることにしました。

 ライブチャットでオナニーが完全無料。
かなり期待を込めて、出会い系アプリで相手を探しました。
とんでもないことに、すぐ知り合えてしまいました。
ゆう菜は女子大生。
遊びに出かけられない不満を猛烈にしていた女の子です。
Skype交換に成功し、トークでエロい話をさせてくれました。
相手もエッチな気分。
気軽に下ネタを話すことに成功。
徐々に感じてくれるところが、エロチズムそのものという感じでした。

 通話に切り替えることも簡単。
すでにオナニーを始めてしまっていた彼女、艶めかしい吐息を聞かせてくれました。
その魅力いっぱいの若いアヘ声に、不満な股間も直立不動状態。
「フル勃起だよ」
「本当ですか?」
「見ながらオナニーしたい?」
「うん・・・し・た・い・・」
センズリ鑑賞させることになりました。

 チンコ見て、ゆう菜の盛り上がりは凄いものがありました。
感じまくって、指が止まらなくなっていたようです。
「ゆう菜の濡れたオマンコを見ながら射精したい」
思わず、お願いしてしまったのですが、拒否されることもありませんでした。

 若い女子大生のオナニーを見ながら、スッキリさっぱり射精ができました!
同僚は、随分素晴らしい楽しみを手に入れていたんだなと、ちょっと尊敬の眼を向けてしまいそうになりました。
アダルトチャット
チャットエッチ
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -