デリヘル
LINEのオナ電でオナニーの見せ合い
私はデリヘルで働いていました。でも、ある日気がついたのです。デリヘルで働くくらいなら、1人で割り切りで働いたほうが稼げるんじゃないのかということに。デリヘルで働いた場合、全部が自分の給料に反映されるわけではないので、労働力に対しての給料が見合っていないこともあります。その不満が限界に達し、私は、割り切りで生活することにしたのです。出会い系サイトで、相手の男性を探しては、相手の男性の要望に合わせ、金額を提示する。そうやって、私は生計をたてています。今は順調に行き始め、以前の倍以上は稼ぐことができています。もちろん、1人でやっていると、危険な目にあうこともあります。だから、私はエクササイズも兼ねて、護身術を習うことにしました。さりげなく、相手の男性にそのことを伝えているだけで、大抵の男性は変なことをしてきません。それでも、危険な思いをすることもあるので、後は自分の勘に頼るしかありません。この人、危なさそう…この流れはやばいよね…そう感じだ時は、サッと逃げることも必要です。そうやって自分の身は自分で守らなければ、誰も守ってはくれません。そうやって私は今まで、生き抜いてきました。そのおかげか、野性的勘が働くようになり、始めた頃よりは、危険な目にあう確率も、だいぶ減りました。それでも、こういうことをやっていれば、危険な目にあう確率もゼロではありません。私はこれからは、ボディガードのような男性を探そうかとも考えています。
デリヘル
ツーショットダイヤル
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -