お金の無償支援
お金を助けてくれる人をパパ活アプリで募集する
友達に誘われて婚活パーティーへ参加しました。正直まだ結婚とかは考えていません。ただ遊ぶ男性がいたらいいかなくらいしか考えていませんでした。
初めて参加した時、意外と若い女性が多くて驚きました。色んな男性と話をして私みたいに遊び相手でも欲しいのかなという感じの男性もいたし、なかには結婚に必死な男性もいました。その中でちょっと嫌な男性もいました。「お金の無償支援してあげるから、今から要求する物を私にくれるかな。」こいつはなんだと思ったのが最初の印象でした。見た目も20から30代限定の婚活パーティーなのに本当に30代なのと疑ってしまう感じの老け顔。お金の無償支援してくれると言うけれどこんな人に頼ったら体がいくつあっても足りない。私はきっぱりと断りました。だけど、フリータイムの時間に彼は私に話しかけます。他の男性が私と話したい感じの人もいたのに彼の威圧感でみんな近寄ってきません。マジうざいと思ってしまいました。それをみた進行役の人が私に話しかけ「他の人と話したいですよね。」「はい。ちょっと彼は婚活目的より下心ありの目的で参加しているから気持ち悪いです。」小声でそのことを伝えると進行役の人が私を別の男性に近づけ彼と距離を離してくれました。
結局、私は誰ともカップル成立はできませんでしたが、一緒に参加した友達はカップル成立してよかったです。そして私は進行役の人に話しかけ今回のことにお礼を伝えるとその人から連絡先交換しませんかと言われました。嬉しかった。会場に参加した人より彼の方がタイプだったから。
愛人紹介所
オンラインパパ活
無償支援掲示板
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -