親友の嫁と不倫エッチする無料動画



動画詳細
絶対に手を出してはいけない相手といえば何を置いても親友の奥さんだ。
だけどやたらいい女だったりすると、友達の嫁とはいえヤリたくなってしまうのが男の性ってもの。
親友夫婦の家に遊びに行ったら、奥さんの履いているパツパツのホットパンツが目に付いた。
ホットパンツからハミ出るムッチリとした尻肉に思わずムラムラしてしまった。
手を出しちゃダメとわかっているのにチンポが疼いて抑えきれなくなり、気づいたときにはお尻に顔を埋めていた。
親友の嫁も抵抗しつつもお尻を触られ漏れる吐息。
友達に隠れて思う存分デカ尻を揉みしだき、バックで挿入する!
普段のセックスより何倍も気持ちよかったのはなぜだろう?

親友の嫁のムッチリホットパンツ尻に僕の理性は崩壊!


親友の嫁のムッチリホットパンツ尻に僕の理性は崩壊!


過激な体験告白

ついにやってしまいました…僕の友人、タカシの奥さんの美穂ちゃんと。

タカシんちは飲食店をやっており、よく腹をすかして遊びにいき、たらふく飲んで食ってそのままそこで寝るのが習慣でした。

その日はめずらしくタカシが酔い潰れてしまいました。タカシを寝室まで運び、何となく気まずくなったので帰ろうとすると「もう少しお酒付き合ってよ」と。 断る理由もなく飲んでるとだんだんHな会話になってきました。

美穂ちゃん胸は小振りだけど綺麗系の顔立ちで酔うと少し甘え口調になる。 「かっちゃん(俺のこと)はどんなHがちゅきなの?」って。 すると僕のほうによりそってきました。女の娘独特のいい匂いがして理性を抑えるのに必死でした。 恐る恐る肩に手を回しても抵抗なし。そのまま軽いキスをしたらDキスでかえされました。 もう理性は弾け飛び獣になりました。おっぱいはふやけるくらい舐めまわし、股間に手を当てるとおもらししたように濡れていました。

そのままフェラチオをしてもらい口内で発射。 生本番で二回しました。あとでわかったのですが美穂ちゃんはMで淡泊でノーマルなセックスでは満足出来なかったみたいです。 近ごろはエスカレートしてきて、タカシがトイレに行ってるときにフェラチオさせたり三人でコタツで飲んでるときにクリトリスをいじりたおしたりしています。

この前アナルセックスをしたら初めてだったらしく感激していました。 この関係、しばらく止まりそうもありません。タカシ、ゴメンな。



先日ハメた女は真美27歳(仮名)。ごく普通の人妻だったんだが、そん時俺は犬の散歩しててGETしたんだよね。

俺は犬を飼ってないんだが、友達に飼ってるやつがいてさ。そいつの家に遊びに行った時に俺が犬の散歩を頼まれたわけ。

俺はどっちかっていうと猫の方が好きだし、面倒だから乗り気じゃなかったんだけど、まあたまには動物と触れあうのもいいかな、なんて思って引き受けた。散歩を始めると、犬の種類が珍しいのか、結構声を掛けられるんだな、これが。「かわいい〜」なんてな。

そしたら、件の人妻真美が声をかけてきた。「かわいい、ですね」ひとしきり犬談義に花を咲かせたあと、俺は思い切ってこう切り出した。

「メルアド教えてもらえませんか?」 それからメールのやりとりが始まり、1ヶ月以上の期間を経て、この前の土曜日についに会う約束をとりつけた。場所は後楽園遊園地。こんな真冬に遊園地かよ!と独り突っ込みをいれてみたりみなかったり。 それにしても遊園地なんて何年振りだろう。俺としたことがウキウキしている。幸いその日は気温も高く絶好の遊園地日和だった。チケットを買い、園内に入ると真美の方から大胆にも手をつないできた。 「こいつは即ハメ間違いなし!」そう確信した俺であった。一通りアトラクションを楽しみ、辺りはすっかり暗くなっている。俺にはある願望が芽生えていた。

「観覧車でFUCKしたい!」俺は「観覧車乗りに行こう!」と真美の手を引っ張って歩き出した。観覧車に乗り込むと俺は真美の隣に座った。そしてそっと肩に手を回し、真美を抱き寄せた。 「好きだ」そう一言だけ言うと速攻で真美の唇を奪った。そのまま胸を触ると「あん・・・!」と真美から小さい喘ぎ声が漏れた。

そして手を真美の股間にしのばせると、秘部はぐしょぐしょに濡れていた。俺はココで一気にたたみかけた。 「この中でキメたいんだ」俺がそう言うと真美は恥ずかしそうに「だめよ・・・他のゴンドラから見られちゃう」と言った。 俺はすぐさまゴンドラの中で頭を下げてこう言った。「後生だからキメさせてくれっ」

それを聞いた真美は「じゃあ口でなら・・・」とフェラをOKした。チュブ…チュバ…ジュポ…と真美のフェラの音がゴンドラ内に響き渡る。 俺はフェラされている感触を楽しみながら真美の長い髪をかき上げた。ふと真美を見下ろすと上目遣いでいやらしい視線を俺に送っている。そして亀頭が真美の喉の奥深くに頭を動かす度に当たっているのが分かった。

「口の中で出してもいいよ」その言葉の直後、真美のは口と手で愚息をしごき始めた。 「ダブルインパクトォォ〜!!」俺が叫ぶと同時に真美の頭の上下運動が早くなっていった。 「イクッ…!」ドピュッ、ドピュッ、ドピュッ!真美の口の中は精液で満たされた。

ファックとまではいかなかったが、非常にエキサイティングな生尺であった。 そして次こそは真美とキメる!そう思った俺であった。犬の散歩から始まった最高の生尺体験。友人に感謝!



ワシの子供と同じ幼稚園の子供のママとファックしました。

ワシが休みの時、何度か幼稚園へお迎えに行ってるうちに、同じくお迎えに来ていたそのママと親しくなりました。

ママは32歳で二人の子持ち。細くて美人な普通の専業主婦でした。 最初はメールから始まったのですが、色々旦那の不満等聞くうちに盛り上がり、子供が幼稚園へ行ってる間にママの家でお茶しましょう!との話しから、最終的にファックする運びとなりました。

初浮気ママの結婚指輪をはめたままワシのペニスを恥ずかしそうにシゴいてしゃぶる表情は、普段の姿からは想像も出来ませんでした。



母乳が出る素人妊婦のセックスAV動画



- MOBI-PAGE -