トイレでプチ援

センズリ鑑賞させた人妻と相互オナニーの関係に進展させる
お金が足りない。20歳で妊娠を機に結婚をしましたが、1年後に離婚。離婚の原因は夫がギャンブルにはまり借金をしたからです。離婚してから女手一つで頑張りましたが、働く時間も限られるし、頼る親は不仲で友達も仕事が忙しく連絡があまり取れないし、しまいにはお金が足りないときは消費者金融に頼るしかないのかと思ってしまうくらい今お金がピンチです。
そんな時、最悪な出来事がまた起こりました。それは夜の道を歩いているとお尻を触られる痴漢が合いました。男は触ってすぐ逃げようとしましたが、私は怒りが爆発して大きな声で「触りたければ金くれ。」と、叫んでしまいました。すると、先ほどの痴漢男が戻ってきて「お金を払えば触らせてくれるの。いくら払えばいいの。」と、言われてしまいました。
顔はサングラスにマスクとはっきり分かりませんでしたが、服装的にもおしゃれな感じがしました。そして、とりあえず1万と要求すると男は「この近くのトイレ。あまり利用している人がいないせいかとても綺麗なんだ。トイレでプチ援って感じでいいかな。」トイレでプチ援。お金困っているし、男性はエッチをやらなくても直接触るだけで1万くれるというのでトイレに行くことにしました。
トイレに入るなりどうすればいいかと思っていると男性が「触っていい。」と、言って頷くと服の上から胸を触りだしました。少し罪悪感の気持ちになってしまいましたが、男性の顔が近くなりサングラスをの隙間から見える目が二重で意外とカッコよかった。それから彼の指示に従いやりました。
車内フェラ
口ワリ
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -