お金くれる人
パトロンの見つけ方
 性格が、寂しがり屋で甘えん坊な部分がある私。
好むのも、年が離れている男性だったりしました。
だからなのかもしれません。
大学の友達たちにいわれるんです。
「莉菜なら、お金くれる人と出会えるんじゃないの?」
「えっ、どうして?」
「パパになってくれる人って、癒しとか欲しいんだよね。莉菜はぴったりじゃないの」
私自身も、お小遣いには不満を持っていました。
自分で遊ぶお金は、自分で出さなければいけない。
だけどアルバイトの時給が安いため、お仕事を頑張っても低収入。
お金くれる人と出会っても、悪くないって考えるようになってしまっていたんです。

 一番仲の良い友達に、お金くれる人と、どうやって出会えばいいのか相談してみました。
すぐに、彼女は「優良出会い系のアプリでしょ」と応えてきました。
「とにかく安全。とにかく健全。いろいろな出会いに対応しているよ。メル友作り、恋人作り、セフレ作り、もちろんお金くれる人を探すのにも利用出来る」
仲の良い友達に言われ、自分でも調べてみることにしました。

 やはり、お金くれる人との出会いは、優良出会い系のアプリが一番なことがわかっていきます。
ただし、お金くれる人との関係は、かなり特殊。
だから、普通にセフレや恋人を探すよりも、ちょっとハードルが高めのようでした。
お金も欲しい。
年上の男性にも甘えたい。
そんな考えがあった私。
ダメ元で、出会い系アプリの利用を開始してみました。

 友達も利用しているアプリですから、安全性は確かでした。
お金くれる人を探すため、掲示板に投稿。
こういうことすると、普通は冷やかしのメールとかが届くけど、それがありませんでした。
安心感に包まれながら、時間をかけて募集していきました。

 信じられないことが起こりました。
面接を受けたのですが、面接だけで2万円も支払ってもらっちゃって。
その日のうちに「来週、時間作ってくれる?」って言われてしまったのでした。

 実際に、お食事のお付き合い。
自分では足を向けることが出来ないレストランでした。
楽しい食事、お酒もちょっと。
帰りがけに封筒を渡されたのですが、なかには3万円が・・・。
にっこり笑ったパパは「また、来週も時間割いてね」って言ってくれたんです!
出会い系のパトロン
生活援助
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -