オーストラリアの水道水について


HOME -> オーストラリアの水道水について


- PR -

カナダ・エスコート出稼ぎ求人情報


オーストラリアの水道水について
オーストラリアは日照量が多くて水不足の地とあって、飲める水なのかどうか心配になるところですが、オーストラリアはニュージーランドと並んで、オセアニア地域では、水道水の水質の良い国とされています。
ただし、オーストラリアの場合は、地域によって硬度が違います。
メルボルンパース、ウェーブロック、シドニーなどは、硬度が60以下ですので、日本の水と変わらない軟水です。
一方、ブリスベンアデレードなどは、硬度100を越える硬水地域です。
また、地域によっては日本の水とは成分が違いますので、飲むと違和感を覚えるかもしれません
特に、日本人の場合、みんなが飲んでいるから大丈夫、と思ってしまうのは危険です。
地元の人は慣れているので免疫が出来ていても、日本人のデリケートなお腹では耐え切れないということがごく普通にありますので、生水を飲むときは気をつけましょうね。
心配なら沸騰させてから冷まして飲むとか、ミネラルウォーターを飲めばいいという感じだそうです。
ただし、オーストラリアのミネラルウォーターは高く、ジュースよりも高値で売られていることもあるそうです。
水道水を飲んでも健康被害があるわけではないようなので、オーストラリアの水道水は安心して飲んで大丈夫でしょう。
ちなみに多くの地域では水道水にフッ素が入っているので、虫歯予防にもなるそうです。
オーストラリアの歯医者は保険適応しないので
虫歯予防の為には良いかもしれませんね

↓ランキングエントリー中↓

ADULT SEARCHR-18 SEARCH




- MOBI-PAGE -