b2SdCijp
プチ援女子を出会い系サイトで見つけてフェラや手コキしてもらう方法
 直ぐできるスッキリ行為のプチ援助交際の約束になったのが、とってもエッチな人妻さんでした。
相手の年齢は29歳。
結婚を半年のYちゃん、出会い系の掲示板で知り合って、1時間後に待ち合わせを決めました。
待ち合わせは、某スーパー駐車場です。
車でフェラ抜きしてもらうため、ウキウキしながら出かけていきました。
ちなみに、この時の支払いの約束は4000円。
これくらいで、リアルな女の子にフェラで抜いてもらえるのだから、プチ援助交際は手軽で良いなといつだって思ってしまうのです。

 若干速く、スーパーの駐車場に到着。
屋上駐車場まで車を走らせ、人目がない場所へ停車。
相手に連絡を入れたところ「あとちょっとで到着するから待っててください」と、連絡がやってきました。
車の中で、ウキウキワクワクしながら、Yちゃんがやってくるのを待ちました。

 10分も経過しないうちに、1人の女の子が屋上駐車場に登場。
ドアを開けて顔をのぞかせると、駆け寄って来ました。
「Yちゃん?」
「はい、〇〇さんですね!よろしくお願いします」
髪の毛が明るくて、ほんのちょっとギャル。
それでも小顔でくっきりした顔立ちが、魅力的に感じました。
「それじゃ、後部座席に乗ってくれる?」
「はい」
胸高鳴るプチ援助交際の開始になりました。

 彼女でもなければワイフでもない、そんな女の子にイチモツをしゃぶられるのは、刺激たっぷり。
欲求不満でもありますから、これで大きな興奮を覚えてしまうのです。
「ねぇ、オッパイ触ってもいい?」
「うん」
快く、オッパイの愛撫を許可してくれちゃって、さらに強いワクワク感を感じる。
スカートまくってみたりもして、エッチな気分はさらに盛り上がりました。
そんな感じでフェラされてしまうものだから、これがヤバイ!
気持ちよすぎちゃって、ドクドクンと精液を発射してしまいました。

 プチ援助交際がやめられないのは、低価格であっという間に相手を探せてしまうから。
大きな興奮も味わえるし、フェラの快楽で射精できます。
まだまだ、この関係は楽しんでいくつもりだったりして。
フェラ割り
多目的トイレでフェラチオ
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -