セフレの作り方
セフレ掲示板
 心胆を寒からしめる事態が発覚しました。
それは、仲間内の1人の男の話です。
彼は、高校時代からの友人でした。
彼、女の子との縁のない男として大変有名。
とにかく非モテ。
ブサメン。
ちょっと性格は暗め。
そんな男だから、女の子から良い目線を送られた事がありません。
そんな男が、社会人になってから変化したと言うのです。
セフレの作り方の達人になっていると聞いた時は、何を馬鹿なって思ってしまいました。

 久しぶりに、同級生が集まって酒を飲むことになりました。
その非モテだった男も登場。
以前と雰囲気が全く変わっているのに驚きました。
自信に満ちた態度とか笑顔。
あれ?
セフレの作り方の達人って、本当なのかもと思った瞬間でもありました。

 アルコールの勢いで、いろいろ質問を浴びせかけてしまいました。
彼は照れながらも言うんです。
「セフレの作り方の達人なんて、そんなもんじゃないよ。もちろんオフパコには成功しているけどさ」
まんざらでもないような口調でした。
「ふざけんな、どうやって作ってんだコノヤロー」
仲間内の一人が、酒の勢いで詰め寄ると笑顔で答えていました。
「優良出会い系の公式アプリ。ここなら誰でもセフレ作れるから。誰でも達人になるんじゃないかな?」
彼の満面の笑みは、相当の自信があることをうかがわせました。

 セフレの作り方に最適なアプリを教えてもらい、登録して利用を開始してみました。
社会人として出会いがなく、強烈な不満だったからすぐにでも出会いが欲しかったのです。
声をかけ続けてみました。
するとOLとのやりとりに成功してしまったのです。

 無料通話アプリ交換してからは、急転直下でした。
仕事帰りの酒の約束、そのままラブホテルの流れでした。
モテた経験のない男から教えられた攻略方法で、セフレに挿入出来てしまいました。
ワクワクメールアプリ
スマとも掲示板
[メールボックス]

- MOBI-PAGE -